自分で発見可能?黄体機能不全は基礎体温表でわかることも

黄体機能不全

女性の身体のリズムを知る上で大事な基礎体温、妊娠を望んでいる人であれば、毎日測定して付けているかも知れません。基礎体温を測定し毎日記録していくと、妊娠する上で大事な「排卵日」を予測する事ができます。基礎体温表からわかるのは、排卵日だけではありません。

きちんと付けていれば、毎月排卵が起こっているのか、女性ホルモンの分泌はされているのか、ということもわかってきます。妊娠するために大事な女性ホルモンである黄体ホルモンは、排卵後から分泌が盛んになりますが、分泌が少ない、または分泌されていない状態を「黄体機能不全」と言います。

黄体機能不全は不妊の原因にもなり、妊娠するためには治療が必要になることもあります。この黄体機能不全という状態、基礎体温を付けていると自分で発見できることもあるんです。今回は基礎体温表から、黄体機能不全を見つける方法について、下記にまとめました。

黄体機能不全とは?

女性が妊娠するために大事な女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2つがあります。そのうちの一つ、プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、排卵を境に分泌が盛んになるホルモンです。卵巣では排卵に向けて複数の卵胞が育ち、その中で一番良く育った卵胞から排卵が起こります。

排卵が終わると、卵胞は黄体という器官に変化し、黄体からプロゲステロンが分泌されるという仕組みになっています。このプロゲステロンには、受精卵が着床し易くなるように子宮内膜を厚くする作用や、妊娠を維持するために体温を高温に保つような作用があります。

何らかの原因により、プロゲステロンの分泌が減ったり、あるいはほとんど分泌されていないという状態になることを黄体機能不全と言い、上記のような妊娠のための身体作りができなくなるため、不妊の原因になります。黄体機能不全が原因での不妊を疑った時、毎日基礎体温を測定して付けていれば、いち早く気づける可能性があります。

そのためには、毎日きちんと基礎体温を測定する事が必要で、そのグラフから読み取れる情報についても理解しておく必要があります。以下に基礎体温の正しいつけ方、測定の仕方についてまとめました。

基礎体温のつけ方!

妊娠を意識している人なら、基礎体温を毎日測定して記録しているかも知れません。排卵日が予測できるため、妊活中の女性ならば付けた方が良い基礎体温表ですが、妊活中でなくても自分の身体のリズムを読み取る事ができるため、毎日記録していく価値はあります。

とは言っても、きちんと正しく測定しなければ、正確なグラフが得られず意味がありません。ここでは、基礎体温の正しい測定方法について書いてみました。基礎体温の測定には、決まり事があります。まず測定の時間帯ですが、朝、起床時の体温を測ります。この時、体を起こすことなく、寝たままの姿勢で測定する事が大事です。

続いて体温を測定する部位について、基本的には舌下で測定するのが良いとされています。基礎体温を付けていく上で大切なのは、なるべく同じ時間、同じ部位で測定し続ける事です。

基礎体温の変動は大きくても0.6度ほどなので、ちょっとしたことで体温の変動は左右されます。例えば、前日に過度の飲酒をした翌日の基礎体温は、若干高めに出る事があります。

基礎体温表を利用して、排卵日を予測したり、自分の身体のリズムを読み取りたい時は、毎日同じ時間帯、同じ部位で測定した体温でグラフを作成する必要があります。

基礎体温表からわかる事とは?

上記のような方法できちんと基礎体温が測定でき、グラフを作成することができたなら(正常な生理周期のある人なら)、そのグラフは2層性を示すはずです。

女性の生理周期には、低温期と高温期と呼ばれる期間があり、生理の開始から低温期が始まり14日ほど続き、排卵日を境に高温期へと移行し、そちらも14日ほど続きます。低温期中に卵巣では、排卵に向けて複数の卵胞が育ちます。

またこの頃には脳からの命令によりエストロゲンが分泌され、卵胞の成長を促します。卵胞の一つから排卵が起こると、体温は高温になり、エストロゲンの分泌は減少し、逆にプロゲステロンの分泌が盛んになってきます。正常な生理周期のある人であれば、きれいな2層のグラフを示す基礎体温表ですが、黄体機能不全がある場合にはどのようなグラフになるのでしょうか。上記でも書いたように黄体機能不全という状態では、プロゲステロンの分泌が減少します。

その結果、通常であれば排卵を境に上がる体温が上がりきらない(0.3~0.6度以下しか上昇しない)、体温が上がってもその状態を14日間維持出来ないといった事が見られます。基礎体温表を付けていて、低温期との差がほとんどない(2層性が見られない)場合や、高温期が短い(10日以前)といった場合には、黄体機能不全を疑って婦人科を受診するべきかも知れません。

基礎体温を付けていると、生理の周期や排卵日、ホルモンバランスといった、自分の身体のリズムを知る上で大事な情報を読み取ることができます。妊娠の希望の有無に関わらず、基礎体温を活用し、自己の体調管理に役立てると良いですね。