こんな副作用が出たら危険?プレマリンの不妊治療効果まとめ

副作用

女性の月経や妊娠、出産には、体内で分泌される数種類の(女性)ホルモンが大いに関係しています。女性の月経周期は、ストレスや体調の変化によって乱れる事がありますが、そこには女性ホルモンのバランスの乱れが影響しています。

女性ホルモンのバランスが乱れると、月経周期に影響を与えるだけでなく、不妊に繋がる可能性もあります

。ホルモンバランスを整え、月経周期の改善や不妊治療にも効果のある「プレマリン」という薬があります。

このプレマリンについて不妊治療においては使用頻度の高い薬の一つなのですが、どういった場合に処方され、どんな効果があるのか、また安全に利用するために副作用についてもどんなことがあるのか調べてみました。

女性ホルモンの働き

女性ホルモンとはその名の通り、女性を「女性らしく」してくれるホルモンです。通常、女性ホルモンといわれているものはエストロゲンとプロゲステロンの2種類です。以下にその働きを簡単にまとめました。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

男性とは違い丸みのあるバストやヒップは、エストロゲンの影響によるものです。

体内でのエストロゲンは、

  • 骨や血管を丈夫にする
  • 脳細胞を活性化する
  • 血中のコレステロールの増加を抑える
  • 情緒を安定させる
  • 髪や肌の潤い・ツヤを保つ

といった働きから、

  • 子宮や卵巣、乳房の状態を整える
  • 子宮内膜を増やして妊娠に備える

といった働きをします。主に生理の終わり頃から排卵日にかけて、多く分泌されます。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

別名妊娠ホルモンとも呼ばれるプロゲステロンは、

  • 子宮内膜の状態を保ち
  • 受精卵が着床する

のを助けてくれます。

また受精後は

  • 受精卵の細胞分裂を助ける働き

もします。

主に排卵日以降から月経開始頃までに分泌され、プロゲステロンが分泌される事で体温が上昇します。

その他にも妊娠や出産に関わるホルモンは数種類あり(プロラクチン、オキシトシン、卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモン、性線刺激ホルモンなど)、それぞれが大事な役割を持っています。

女性ホルモンはそのバランスが崩れると、体調や心身に影響を及ぼし病気になったり、不妊の原因になる事もあります。

そんな女性ホルモンの乱れが原因で生じる不妊の治療に対して処方される薬の1つに、「プレマリン」があります。一体どんな時に処方され、どういった効果がある薬なのでしょうか。

プレマリンとは?どんな不妊治療効果がある?

プレマリンとは、女性ホルモンであるエストロゲンを補充する、「結合型エストロゲン製剤」と言われる薬です。女性にとって重要な働きをする女性ホルモンの1つ、エストロゲンですが、その分泌量が不足すると身体に様々な不調をきたします。

エストロゲンは卵巣から分泌され、卵胞の成熟や排卵を促す働きをします。

また上記でも触れた通り、子宮内膜を増やして妊娠し易い環境を整えるのも、エストロゲンです。そのエストロゲンの分泌が何らかの原因で不足すると、動悸やほてりといった不快な症状が現れ、卵巣がうまく機能せず、卵巣機能不全(卵巣がうまく働かず、排卵に問題が生じる状態)や、無排卵月経を引き起こす事になります。

その他にもエストロゲン不足で卵巣機能がうまく働かないと、排卵が起こらなくなり生理不順や無月経になることもあります。

卵巣機能不全や排卵障害、生理不順という状態は、不妊に大きく関係します。不妊治療では、生理不順、卵巣機能不全、無月経、排卵障害などがある場合にプレマリンが処方される事が多いようです。

生理不順や排卵障害といった問題を抱えている人は以外と多く、プレマリンは不妊治療において比較的良く使われている薬です。

そんなプレマリンですが副作用も多く、継続して服用する事で危険な副作用を起こす可能性もあるのです。次項ではプレマリンの副作用について、まとめてみました。

プレマリンの副作用!危険性は?

どんな薬にも効果の反面、副作用の心配はついてまわります。プレマリンは不足しているエストロゲンを補って、女性ホルモンのバランスを整えてくれる、不妊治療にとって欠かせない薬の一つですが、下記のような副作用が報告されています。

主なところでは、頭痛、めまい、腰痛、胸の張り、腹痛、吐き気、不正出血、蕁麻疹、発疹などです。まれなところでは、動悸、息切れ、胸痛、呼吸困難、意識障害などが報告されています。

服用後に異変を感じた場合は、処方された病院へ連絡をとり、指示を仰ぐようにして下さい。こういった女性ホルモンの薬を服用すると、心配する人が多い副作用の一つに「太る」といったことがあります。

プレマリンでも例にもれず、そういった心配の声が聞かれます。実際、プレマリンはエストロゲン製剤であり、エストロゲンには女性の体に丸みを持たせるような作用があります。また、エストロゲンが体内で増加すると、ナトリウムや体液が蓄積されるように働くため、体にむくみなどが生じます。

その結果、確かに太ったように感じる人が多いようです。私自身、不妊治療中にプレマリンを服用していた時期は、顔や手足にむくみが生じ、明らかな変化を感じていました。女性にとって外見上の変化は辛いところですが、治療する意味や目的をしっかり考え、割り切って臨まないといけないところかも知れません。

最後に、プレマリンの長期服用で危険な副作用が出る可能性があることを覚えておかなければいけません。不妊治療や更年期障害などの治療薬として処方されるプレマリンですが、長期にかけて服用することで、子宮がん、卵巣がん、乳がんなど女性特有のがんを引き起こす可能性があります。

これらのがんは女性ホルモンの影響を受けて増殖します。医師の指示の元、適切な服用量を守っていればほとんど心配はありませんが、そういった危険性を持っていることも十分に理解し、正しく服用することが大事になってきます。念のため、1年に一度はがん検診を受けることを習慣にしておくと安心でしょう。