クラミジア治療中にセックスをすると相手に感染する?避妊具を使っても?

クラミジア治療中 セックス

数ある性感染症の中でも、とりわけ日本において感染者数の多いのが「クラミジア」という感染症です。若い世代を中心に、その感染者数は実に100万人を超えているのではないかと考えられています。

クラミジアに感染すると、数週間の潜伏期間を経て症状が発現してくる訳ですが、他の性感染症に比べても自覚症状に乏しいのがクラミジアの特徴の一つと言えます。100万人もの感染者がいると言われる現在、自分やパートナーが感染していてもおかしくはないのです。

もし自分がクラミジアに感染したら、パートナーへ移してしまうのではないかと心配になるのはもちろんのこと、スキンシップを取ることさえ怖く感じてしまうかも知れません。クラミジアは早期の治療が完治への近道ですが、治療中であっても他者へ感染を起こしてしまうのでしょうか?

クラミジアとは?

クラミジアという名前、多くの人が一度は聞いたことがあるというほど、性感染症としても有名なものの一つだと思います。クラミジアとは細菌の名称であり、正式名はクラミジア・トラコマティスと言います。「性感染症」という名前からも分かる通り、ほぼ100%に近い割合で性行為を介して感染する病気だと言われています。

感染は人体の粘膜(性器や尿道、咽頭など)へと起こり、精液や膣分泌液などを介して感染します。クラミジア自体は、それほど強い菌ではありません(人命に影響を及ぼすような力は持っていません)が、感染力は他の性感染症に比べても強いようです。

クラミジアの保菌者と、何の予防もせずに性行為に及んだ場合、50%以上の確率で感染すると言われています。しかも、男性に比べて女性の方が感染する可能性が高く、感染後に放置することで重症化し易いのも女性であると言われています。

クラミジアは感染しても男女共に、あまり自覚症状を感じないのが特徴の一つであり、本人が気づかないまま感染して、他者に移すというケースも多くなっています。

早期に治療すれば、簡単に短期間で完治が見込めますが、放置することで男性は前立腺炎や副睾丸炎、女性では子宮内膜炎や卵管炎など不妊に繋がる原因としても知られています。症状が感じられないからと安心するのではなく、少しでも感染の不安がある場合は、早期に病院での検査、治療が大事な病気の一つなのです。

クラミジアの治療法!その期間は?

男性よりも感染リスクが高いと言われる女性のクラミジア感染、感染を疑う場合はできれば早めに治療を開始したいもの。ここでは、病院で受けることになる検査と治療方法についてまとめました。

まず、クラミジアの感染を疑う場合、男性は泌尿器科を、女性は婦人科や産婦人科を受診することになります。

クラミジアの検査は、感染したと考えられる2~3日後から受けることができ、男性は尿検査を、女性はおりものを採取して検査が行われます。この時、血液検査を行う事がありますが、この血液検査では体内にクラミジアの抗体があるかどうかを調べています(過去の感染の有無がわかります)。検査の結果、クラミジアに感染していることがわかれば、抗生物質を使用して治療することになります。

抗生物質は内服薬として処方されることがほとんどで、医師の指示通りに服用するだけで治療がで完了します。治療のスケジュールとしては、抗生物質を定められた期間服用し、最初の検査から時間をおいて、再度同じ検査を受けます。その時に陰性と判断されれば完治とみなされます。

ただし、クラミジアは再発の恐れがあるため、一度陰性の診断が下っても、再度時間を空けて検査を行う場合がありますので、その時は医師の指示に従ってください。自己の判断で治療を終了してしまうことは絶対にやめましょう。最終的な診断までに約1カ月ほどを要しますが、抗生物質の服用と、2~3回程度の通院で済む治療です。後々のリスクを考えるならば、しっかり治しておいた方が良いことは言うまでもありません。

パートナーに移さないために、その予防法!

クラミジアの感染がわかって、上記の様に治療を開始したならば、治療中のセックスは感染の危険を伴うでしょうか?

感染しない、させないための一番の予防策は「セックスをしないこと」、これに尽きるでしょう。治療中であっても、先ほど上記でも触れたように、最終的に陰性の判断が下るまで安心はできないのです。感染しない、させないための一番の予防策は「セックスしないこと」ですが、それ以外の方法で少しでも感染のリスクを減らすことは可能です。

それはコンドームなどの避妊具を使用することです。クラミジアというのは粘膜に感染する訳ですから、コンドームを用いて通常のセックスをするのであれば、感染の危険度は随分低くなります。

しかしここで気を付けなければならないのは、クラミジアは咽頭や直腸などにも感染するという事です。現在はセックスの様式も多様化しているようで、性器以外にも肛門を使ったセックスやオーラルセックスを楽しむ人が増えています。

オーラルセックスだからと言ってコンドームを使用しないのであれば、それは感染の危険度を増す行為となります。これらのことからも、クラミジア治療中のセックスは感染の危険性があり、できれば「しないこと」がベストです。治療の期間は、早ければ完治するまでに1ヶ月。パートナーのことを思いやり、治療期間中だけでもスキンシップをお休みするのも愛情かもしれません。

参考 クラミジアが卵管閉塞の原因に?感染してすぐになりうる?