膣内で中折れする旦那はED?子供が欲しい妻としてやれること

旦那 中折

子供が欲しいのになかなかできない!現在こういった不妊の悩みを抱えている夫婦が、日本では増えているようです。「不妊」と一言で言ってもその原因は様々で、女性が原因のこともあれば、当然男性側に原因があることもあります。

男性が抱える性的な悩みとして良く聞かれるものの中には、EDの問題があります。「ED」=「不妊」というイメージはあまりつきにくいかも知れませんが、EDも立派な男性不妊の一つになり得るのです。

「自分はEDではない!」と思っていても、性行為の最中に萎えてしまった、いわゆる「中折れ」を経験したことのある男性は多いのでは?

今回はこの「中折れ」という現象について、どういった状態なのか、また女性側からサポートできることはないのか、といったところに焦点を当てて調べてみました。

中折れはED?不妊の原因になる?

「ED」と聞くと、どうしても高年齢男性の症状と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。最近では若年層でもその症状を訴える人が増えているようで、特に子供が欲しい男性、夫婦にとっては深刻な問題でもあります。

EDとは勃起不全のことで、「性交時に十分な勃起状態やその状態の維持ができず、満足な性交が行えないこと」という風に定義されています。若い男性の中には、性交中にたまに途中で萎えることがあるけれど、勃起は起こっているのだからこれはEDではない!と思っている人も居るかもしれません。

これはいわゆる「中折れ」という状態ですが、残念ながらこれも立派なEDの症状の一つのようです。

途中で萎えてしまっては、性交を最後まで(射精まで)継続することができません。射精が叶わなければ、女性の体内にて精子と卵子が出会う事が難しいため、妊娠や授精の確率はかなり低くなってしまいます。

そのため、男性側の膣内での「中折れ」という状態も、不妊の一因となってしまう可能性は十分にあるんです。では、この「中折れ」という状態、何が原因で起こってしまうのでしょうか?通常のEDとの違いや原因について、次項にてまとめてみました。

中折れEDになってしまう原因は?

EDの原因として言われていることというのは多々ありますが、中折れEDの原因として多いのは、加齢などの身体的原因によるものと、心因性のものです。特に若年層におけるEDの原因としては心因性のものが多く、ストレスや生活習慣などもEDを加速させる要因と言われています。

心因的なものとは具体的に言うと、過去に体調不良やお酒の影響などで性交がうまくいかなかった(中折れした)ことがあると、「次回も失敗してしまうんじゃないだろうか」などと不安になり、精神的な負担からEDになってしまうような状態のことです。

勃起が起こるには、性的興奮が脳に伝わり、脳からは神経を通って陰茎に信号が発せられ、多くの血流が陰茎の海綿体に流れ込む必要があります。そのため、動脈硬化などの血管の老化や血流の不良もEDの原因となり得ます。

ストレスを貯めこんでいたり、嗜好品の過剰摂取(たばこやお酒)などをしていると、血管や血流にも悪影響を与えるため、EDを加速させてしまうことになるのです。心因的な負担を抱えながら、血管にも良くない生活を送っているとしたら、EDを招いてしまっても仕方がないのかもしれません。

もし自分や自分のパートナーに、中折れやEDの症状が見られるようであれば、上記の原因に当てはまるような点はないか、まずは確認してみるといいかもしれませんね。

EDかもしれない・・・でも子供が欲しい!女性ができることとは?

自分のパートナーがEDかもしれないと思ったとき、あなたならどのような態度にでますか?特に子供が欲しい夫婦間でのEDの問題は深刻なものになりがちです。女性からしてみれば、排卵日を確認して性交する日を決めていたのに、パートナーが途中で萎えてしまったとなれば、残念な気持ちや、人によっては腹立たしく感じることもあるでしょう。

しかし、気持ちのままに相手を責めてしまっては全くの逆効果です。上記の通り、中折れする男性というのは、大事な性交の場面であればあるほど、精神的に大きく負担に感じているのかもしれないからです。そんな場面で失敗し、さらに相手から言葉でも責められてしまうと、事態をもっと深刻にしてしまう可能性もあります。

こういったときに女性側としてできることは、まずは優しい気持ちを持って「気にしなくていいよ」などと、負担にならない言葉をかけてあげることだと思います。根本的な解決にはならなくても、それ以上事態を悪化させるようなことは避けなければなりません。

そして、中折れという状態を改善するためには、まず夫婦で男性側にEDの症状があることを自覚し、改善や治療をしなければならないという意識をもつことでしょう。自覚がしっかりと出来たならば、生活習慣を改めたり、食事療法を行ってみたりなど、すぐに実行に移せることも多くあるはずです。

また妻としても、EDに効果のある食材を使っての献立を考えるなど、協力できることがあります。

EDに関しては効き目の確認された治療薬も発売されているので、病院やクリニックを受診し、治療薬を利用するのも一つの手段でしょう。「子供が欲しい」という気持ちのせいで焦りが生じてしまう気持ちはわかりますが、まずは男性の精神的な負担を軽くしてあげることを考え、生活などを改めることが大事で、時間に余裕がないのであれば治療薬の助けを借りることも手っ取り早い解決法の一つだと思います。

EDや中折れという状態を男性だけの問題と捉えずに、夫婦で一緒に解決しようとする姿勢が大事なのでしょう。

▼参考 ブリーフは危険?男性不妊予防にトランクスが良い理由は?精子への影響

▼参考 どの栄養素が大切?精子の運動率を上げる方法はある?