副作用

不妊治療をしていると、これまで聞いた事もないような、色々な薬の名前を聞く事になります。

その中でも排卵誘発剤と呼ばれる薬はとても使用頻度が高く、不妊治療の初期の段階から、体外授精などの高度な生殖医療の現場でも頻繁に使われています。

排卵誘発剤と言ってもその種類は一つではなく、用途や個人の体質など、その時々によって使い分けがされています。使用方法も様々で、経口薬として服用するものから、注射にて投与されるもの、鼻から点鼻薬として取り入れるものもあります。

今回は点鼻薬の排卵誘発剤であるスプレキュアという薬について、不妊治療に対してどのような効果があるのか、また危険な副作用はあるのかなど、使用する上で気になる事を調べてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

スプレキュアとはどんな薬?

スプレキュアとは製品名であり、一般名は「GnRH誘導体製剤」と言います。女性の妊娠や出産に関係するホルモンは体内に数種類ありますが、そのうちの一つにGnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)というホルモンがあります。

スプレキュアは、そのGnRHの活動を抑制する効果のある薬です。女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンを分泌するのは卵巣ですが、それをコントロールしているのは脳の視床下部という部位になります。

視床下部からGnRHが分泌され脳下垂体が刺激されると、脳下垂体からはFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体刺激ホルモン)が分泌されます。そしてFSHとLHが卵巣に働きかけることで、卵巣からエストロゲンとプロゲステロンが分泌されるという仕組みになっています。

このスプレキュアという薬、本来は子宮内膜症や子宮筋腫の治療に対して使われる薬です。というのも、子宮筋腫や子宮内膜症は女性ホルモンの一つであるエストロゲンの影響を受けて病状が進行することが分かっています。

スプレキュアを投与するとGnRHが抑制されるため、結果、エストロゲンの分泌も抑制されるので上記の様な病気に対して効果があるという訳です。

エストロゲンの分泌を抑制するとなると、妊娠したい人にとって不利に働くように感じますが、どのような理由でスプレキュアは不妊治療に使われているのでしょうか。次項にて、スプレキュアの不妊治療に対する効果をまとめました。

スプレキュアの不妊治療効果とは?

スプレキュアは、子宮内膜症や子宮筋腫に対して効果のある薬であることがわかりました。しかしスプレキュアは、不妊治療の現場においても利用されています。不妊治療の現場においてのスプレキュアは、どのような効果が期待されているのでしょうか?

まずスプレキュアには不妊治療において、二通りの使い方があります。長期的に使用する場合と、短期的に使用する場合で、全く違う効果が得られます。まず、スプレキュアを長期的に使用した場合、上記で書いた通りGnRHを抑制するため、FSHとLHの分泌も抑えられることになります。

FSHとLHの両ホルモンは、排卵を起こすのに重要なホルモンであり、これらが抑制されてしまうと排卵も抑制されてしまうことになります。

この排卵を抑制する効果を利用して、体外受精前の採卵時にスプレキュアが使用されています。

体外受精では、良質な卵を多量に採取することが望ましいのですが、採卵前に排卵が起こってしまっては意味がありません。採卵までの間、排卵をコントロールする目的でスプレキュアを長期的に使用するのです。

逆に短期的にスプレキュアを使用すると、卵巣からは排卵が起こるために、排卵誘発剤としても使用されています。ある程度まで卵胞が育ったところでスプレキュアを使用すると、フレアーアップ現象というFSHとLHの分泌が一気に高まる現象が起きます。

この現象が起きると、両ホルモンの働きによって卵巣が刺激され、排卵が起きます。このようにスプレキュアには不妊治療において二通りの使用方法があり、使い方によって全く逆の効果が得られることになります。

もしスプレキュアを処方された場合は、どちらの目的で処方されたのかを理解し、正しく使用するよう気を付ける必要があります。

スプレキュアの副作用!

スプレキュアには子宮内膜症や子宮筋腫の治療薬としての利用だけでなく、不妊治療においても効果のある薬であることがわかりました。

しかし、薬である以上、副作用にも注意が必要です。上記の通りスプレキュアを使用すると、GnRHを抑制することによって、エストロゲンの分泌も抑えられてしまいます。

その結果、更年期障害に似た症状が出ることがあるようです。

主な症状としては、ほてり、頭痛、吐き気、下腹部痛、倦怠感、脱毛、胃部不快感などです。また稀ではありますが、重篤な副作用としてはアナフィラキシー症やうつ症状、心筋梗塞、白血球減少などが報告されているようです。

いずれにしても使用中に体調の変化や異常を感じた場合は、すぐに受診し医師の診察、指示を仰ぐようにして下さい。

スプレキュアには、不妊治療において長期的使用と短期的使用の方法があると書きました。スプレキュアの性質上、大事なホルモンの分泌を抑える効果があるため、長期的に使用した場合の方が上記の副作用にはより注意が必要になってきます。

排卵抑制効果、排卵誘発効果、両極端な効果を持つスプレキュアですが、使用の目的をきちんと理解し正しく使用すれば、特別危険な薬ではありません。