排卵誘発剤

不妊治療においてとりわけ使用頻度の高い薬に、排卵誘発剤という薬があります。排卵誘発剤とは簡単に言うと、「女性の排卵をコントロールする薬」です。

使用の仕方によっては、無排卵の治療薬となったり、優良な卵胞を育てたり、排卵を促したりと、目的や用途によって使い分けがなされます。

排卵誘発剤には色々な種類があり、それらは目的や個人の体質などによって使い分けされますが、その中には効果は高いものの副作用も出易くなっている、というものもあります。

今回は数ある排卵誘発剤の中でも、副作用が比較的出易いものに焦点を当て、それらの特徴や使い方についてまとめてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

排卵誘発剤の効果と種類

不妊治療をしている人であれば、一度は使用したことがあるのでは?というくらい、使用頻度の高い薬が排卵誘発剤です。たいていの場合、効果が緩やかで副作用の少ない排卵誘発剤から処方が開始されるため、不妊治療をしている人であっても聞いたことの無い排卵誘発剤があるかもしれません。

薬の種類としては飲み薬として処方される経口薬、注射から投与されるもの、点鼻薬として使用するものなどがあります。妊娠するためには排卵が起こって卵子が放出され、精子と出会って授精、着床という過程が不可欠です。

しかし、何らかの理由で排卵が起こらなかったり、周期が乱れたりすることがあり、それらは排卵障害と言われ精子と出会う事が難しくなり、不妊の原因にもなります。排卵誘発剤は、こう言った排卵障害による不妊に対して効果を発揮します。排卵障害と言ってもその原因は人によって様々で、卵胞が育たなかったり、育っても排卵されなかったり、ホルモン分泌不足に起因するものなど、それぞれの原因によっても排卵誘発剤の種類は使い分けがされます。

排卵誘発剤の主な効果は、質の良い卵胞を育てることと、卵胞から卵子の排出を促すことです。排卵を実際に行うのは卵巣ですが、その命令を出すのは脳であり、排卵誘発剤には脳に働きかけるもの、卵巣に働きかけるものがあります。

経口薬や点鼻薬は脳に、注射タイプは卵巣に働きかけるものとなっています。卵巣に直接働きかける注射タイプの排卵誘発剤の方が効き目が強いとされており、その分副作用も出易いと言われています。次項では具体的な排卵誘発剤の種類について、まとめてみました。

比較的副作用の出易い排卵誘発剤とは?

一般的な薬についても言えることですが、排卵誘発剤においてもその効果や効き目が高いほど、副作用も強く出る傾向にあります。

排卵が起こる仕組みとして、まず脳の視床下部からGnRHというホルモンが分泌されて脳下垂体に働きかけます。それを受けて脳下垂体からは、卵胞刺激ホルモンFSHと黄体刺激ホルモンLHが分泌されます。

それらが卵巣に働きかけることで、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌が促されて排卵が起こります。排卵誘発剤には、脳へと働きかけるものと卵巣へ直接働きかけるものがあり、卵巣に働きかけるものの方が副作用が出易いとされています。

また、経口薬であっても種類によっては副作用が出易いものもあります。以下に副作用が出易いとされる幾つかの排卵誘発剤について、まとめました。

フェマーラ

本来は乳がんの治療薬として使われる経口薬。エストロゲンの分泌を意図的に抑えることで体に排卵直前の環境を作るため、排卵を促す効果があります。副作用は軽いものが多く、頭痛、発疹、むくみ、関節痛などが報告されています。

フォリスチム

注射タイプの排卵誘発剤であり、卵胞の成長を促進するFSH(卵胞刺激ホルモン)製剤です。フォリスチムを投与すると体内のFSHが増加し、良質な卵胞を多く育てることができます。その効果から卵巣過剰刺激症候群(OHSS)のリスクが高くなっています。

hⅯG

注射にて投与されます。FSHとLH(黄体刺激ホルモン)を含んだ製剤であり、体内に直接FSHとLHの量を増やすことができ、短期間で卵胞の成長を見込むことができます。副作用として、OHSSや多胎妊娠のリスクがあります。

スプレキュア(ブセレキュア)

点鼻薬タイプの薬です。脳に働きかけFSHとLHの分泌を促します。短期的に使用する場合には特に心配ありませんが、長期的に使用する場合にはほてり、脱毛、胸の張りといった更年期障害に似た症状が出やすくなっています。

排卵誘発剤の使用方法

ここでは、各排卵誘発剤がどんな時に使用されるのかや、使用方法についてまとめました。

経口薬タイプ

クロミッド、セロフェン

クロミフェンを主成分とする排卵誘発剤であり、服用することで脳の下垂体に働きかけ、FSHの分泌を促します。排卵する力が弱い人や、排卵日のコントロールをしたい場合に使用されます。生理開始後3日目くらいから服用を開始し、10日間ほど服用を続けます。主にタイミング療法時に利用することが多いようです。

アナストロゾール、フェマーラ

エストロゲンの分泌を抑制する効果を持ち、それを利用して排卵を起こさせるタイプの薬です。無排卵や、子宮内膜が薄い人に対して使われることが多く、生理開始後2~3日目から数日間服用します。主に人工授精時に利用することが多いようです。

注射タイプ

フォリスチム

FSHのみを含むFSH製剤であり、卵胞の育成に特化しています。無排卵や稀有排卵などの人に使用される事が多く、数日間連続して注射をする必要があります。タイミング療法、人工授精に加えて、体外受精の採卵時にも利用されます。

hⅯG

FSHとLHを含む排卵誘発剤であり、スピーディーな卵胞の成長が見込めます。クロミフェンなどで効果がなかった人などに対して使用されます。1日のみの使用から数日間の使用まで、個人の状態に合わせて回数が変わってきます。タイミング療法や人工授精時に多く使用されます。

点鼻薬タイプ

スプレキュア(ブセレキュア)

鼻から吸引することで脳に働きかけ、FSHとLHの分泌を促します。卵胞の大きさによって点鼻後36時間で排卵することから、時間の制御がし易いため体外受精の採卵前などに使用されます。使用方法は医師の指示に合わせた日程や時間帯に、一度のみの吸引で大丈夫です。

上記の様に、排卵誘発剤には多くの種類があり、それぞれがどこに作用するのか、どのような効き目があるのか、使用の方法など各々違いがあります。排卵誘発剤の効果や副作用には、個人の体質によるところもあるため、一概にはどれが効果が高く、副作用が強いという事は出来ません。

効果が強いとされていても、その人によっては効き目がない事もあります。いずれにしても処方された排卵誘発剤について不安や疑問がある場合は、医師や薬剤師などにきちんと確認し、どのような効果、副作用があるのかをしっかりと理解して使用する事が大事です。