レビトラ シアリス

バイアグラ、レビトラ、シアリス、これらの名前のうち、どれか一つでも聞いたことがある名前があるでしょうか?これらは全て、ED(勃起不全)の治療薬の名前です。この中でも一番最初に開発、販売された「バイアグラ」については、名前を知っている、使ったことがある、という人も多いかもしれません。

現在、ジェネリック医薬品も含めて多くの種類が存在するED治療薬ですが、いざ自分や自分のパートナーが使うことになった場合、どれを服用するべきなのでしょうか。今回はレビトラとシアリスというED治療薬について、その効果や効能を比較検討してみました。

ED治療薬、日本での歴史

EDと聞くと、中高年の男性特有の症状のように思っている人が多いかも知れませんが、実は現在、若年層にも増えていると言われていて、男性不妊の原因の一つにもなっているため、人によっては非常に深刻な問題なのです。

そうでなくともEDという状態は、男性としての自信を喪失してしまうような部分があり、恥ずかしさなどから人に話すのがはばかられたり、病院を受診して積極的に治療をするという人はそれほど多くは無いのかも知れません。そういった理由などもあることから、EDに関して悩んでいるという人たちにとって、内服するだけで効果が見込めるED治療薬というのは夢のような薬である、というのもうなづける話です。

世界で一番最初に開発、販売されたED治療薬は、知っている人も一番多いと思われる、バイアグラという薬です。アメリカで開発されたこの薬は、日本では1999年に販売の許可が下り、国内での認知度や処方実績は他を抑えて断トツの一番です。

続いて2004年に日本での認可が下りたのがレビトラという薬で、こちらはバイアグラに比べて食事の影響を受けにくいという部分で人気がある薬です。3つ中で一番、日本での処方の歴史が浅いのがシアリスという薬で、こちらは2007年に認可が下りています。

その特徴やレビトラとの比較については下記を参考してください。

日本の病院やクリニックで処方されるED治療薬は、これら3種類のみとなっています。ED治療薬には健康保険が適用されないため(原因によっては適用される場合もあります)、その価格は少々高価です。海外のサイトを通して個人的に購入する方法もありますが、使用が禁忌となっている薬との併用を行うと大変危険であるため、お勧めは出来ません。

次項ではED治療薬の効果について簡単にまとめました。

ED治療薬とはどのような効果がある?

バイアグラ、レビトラ、シアリス、これらのED治療薬には、同じような効果があります。三者とも内服薬として服用後に、男性器の勃起を補助する働きがあります。ここで感違いしてはいけないのは、飲めば勝手に勃起が起こるという訳ではないという事です。

勃起が起こるには、視覚や聴覚から性的興奮を感じ、それらが脳に伝わり、脳からは神経を伝って信号が発せられ、それが陰茎に伝わる、という過程が必要です。陰茎に信号が伝わると、陰茎の中の血管が拡張し、多くの血流が流れ込みます。

その血流を陰茎の海綿体が吸い込む事で勃起が起こる訳ですが、その時に体内で重要な働きをする物質があります。サイクリックGMP(グアノシン一リン酸)と呼ばれるその物質は、体内で血管拡張剤として作用します。サイクリックGMPが作用することで血管が拡張し、血流が流れ込み、勃起が起こる訳ですが、勃起の状態というのは「ずっとそのまま」という訳にはいきません。

体内では性的興奮が収まると、PDE(ホスホジエステラー)5という酵素が分泌され、この酵素にはサイクリックGMPを分解する働きがあるため、PDE5の分泌を受けて勃起は収まります。ED症状のある人というのは、サイクリックGMPよりもPDE5の分泌が多くなり、勃起が妨げられているという状態にあります。

ED治療薬というのは、このPDE5を阻害する働きを持つ薬であり、PDE5の働きを抑えることでサイクリックGMPの量を増やし、勃起が起こりやすい状態を助けてくれる薬なのです。「PDE5を阻害する薬」であるED治療薬ですが、それぞれの効果には少しずつ違いがあります。

今回はレビトラとシアリスについて下記にて比較してみました。

レビトラとシアリスの効果比較!

歴史的には、レビトラよりもシアリスの方が後から開発された薬になります。ED治療薬は、その働き自体は似たようなものですが、効果が発現するまでの時間や、持続時間、また、食事などによって影響を受ける、受けないといったところに違いが見られます。今回は、レビトラとシアリスという2種類の薬について、効き目の違いを比較しました。

レビトラ

2004年に日本で発売が開始されたED治療薬です。有効成分は、塩酸バルデナフィル水和物という化合物で、見た目はオレンジ色の丸い形状をしています。水和物であるため水に溶けやすいという性質があり、服用後の即効性があります。服用のタイミングとしては、性行為の1時間前、空腹時であれば20分前程度が良いとされています。効果の持続時間は最低5時間から最大で10時間程度です。食事による影響をほとんど受けないとされていますが、効果を良く実感したければ、空腹時、または食後2時間以上を開けての服用がお勧めです。

参考 レビトラとバイアグラならどちらが効果的?比較してみた

シアリス

日本で販売が開始されたのは2007年と、比較的最近のことです。シアリスの有効成分はタダラフィルという化合物で、見た目は黄色いしずくの様な形状をしています。レビトラに比べて即効性はないものの、マイルドでより自然に近い形での勃起が起こります。服用のタイミングは、性行為の3時間前が推奨されていて、20時間~36時間の効果の持続が見込めます。こちらも食事の影響はほとんど受けないとされていますが、空腹の方がより効果を実感できると言われています。

レビトラは一番最初に開発されたバイアグラというED治療薬に良く似ていて、即効性があるのが特徴でした。レビトラとシアリスの一番大きな違いは効果の持続時間にあります。レビトラが最大10時間であるのに対し、シアリスは最大36時間。一泊程度の旅行などであれば、出かける前に服用しておけば追加で服用する心配も要らず、気持ちの面でも楽かもしれませんね。

ED治療薬はその種類によって、効き目に違いはありますが、一番大事なのは、個人の体調、体質に合うかどうかです。「効果が長いから」とシアリスを選択しても、体質に合わず効き目が感じられなければ意味がありません。自分に合ったものを選ぶためにも、医師や専門家の元で処方してもらうことが大事です。

参考 治療薬だけ欲しい!ED治療は泌尿器科に行かないといけない?