私が不妊治療をしようと思ったのは、もう32歳になったころです。

理由は、年を取るほど出産が厳しくなると知り、少しでも早く産みたかったからでした。

ただ、夫にはちょっとした問題がありました。

 

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

夫は成人してから高熱を出した経験があり…

夫は成人してから高熱が出たことがあり(高熱が出ると精子が死滅すると聞いたから)、それが原因でダメなのかと思い、一緒に病院に行くことになりました。

夫も一緒に行くと言ってくれたので心強かったです。

実際に病院に行って検査をしてもらうと…

夫の方は量も普通でちょっと元気が無いが、特に問題が無かったのです。

一方で、私の方に問題がありました。

 

黄体ホルモンが少ないため受精しても育たない?

私の体にある問題点…。

それは、黄体ホルモンが少なく、それで受精しても育たない為に妊娠しないことです

ですが、その治療も特に難しくもないようで、排卵後に注射を2回するだけで妊娠出来ると聞き安心しました。

もっと、重症な理由では無かったので良かったと思いました。

 

不妊治療を開始!

そして、いよいよ不妊治療が始まりました。

タイミングもお医者さんに指示をもらいそして排卵後に注射をしに行ったのですが…。

その注射のする場所がお尻で、そしてとても痛いのです。

しかも、うつ伏せのまま注射されるので。どのタイミングで注射されるかわからず、思わず「ウッー!」と声が出そうなぐらいの痛さでした。

ですが、その注射も、後もう一回しないといけないので頑張って次も行きました。

それでも次の生理も来てしまい、やはり不妊治療をしたもののそんなに甘くはなく…。すぐ妊娠はしませんでした。

次のタイミングの指示をもらい、またあの痛い注射の繰り返しです。

次の生理が来ることがないように祈るばかりの毎日です。

そして、あの痛い注射をしないでいいように祈る日々の毎日でした。

私は、結婚して他県に引っ越したため、近くに友達もいなかったので相談しようにも出来なかっのが辛かったです。

やはり会って話したいことなので、中々環境も厳しかったです。

そして、3回目の注射が終わりまたダメなんだろうなとあきらめていたら…

 

生理がまだ来てない??

「んっ??生理がまだ来てないっ!」と思い、生理が来る予定だった一週間後にどうしてもすぐ確認したくて、ドラッグストアーで妊娠検査薬を購入し調べたら、なんと陽性でした。

それがとても嬉しくて何度も眺めていました。

夫が帰って来たら妊娠したよーと報告、夫も大変喜んでいました。

初めての妊娠なので、心もウキウキです。

病院に行きエコー写真をとってもらい、胎嚢が見ることが出来ました。

「これが胎嚢なのか!!」と、どんなことでも嬉しくてたまりませんでした。

そして次の検診でも「ちょっと成長しているのかな」と言うエコー写真が撮れていて、何も疑うこともなく幸せいっぱいでした。

 

「成長していません」と医師から告げられる

ですが、次の検診で「成長していない」と言われたのです。

次に見ても変わって無かったら、流産の手術しないといけないと告げられてしまいました。

私は流産のりの字も考えていなかったので、とても悲しかったです。

それから私はインターネットで色々と調べ物をしました。

  • 他に私と同じようなことで悩んでいる人はいないのか?
  • その人達はどうやって不妊を克服したのか?

そうやってたくさん調べていると、妊娠に成功した人たちは、日々の栄養などに気を使い、リラックスをして過ごすことの大切さを学びました。

というわけで、私も病院の注射だけではなくて、葉酸サプリや日々の食事、更には運動などで身体を活性化させることにしたのです。

 

努力の甲斐あって妊娠…!!

今となっては、そういった努力の甲斐があってか、やっと妊娠6ヶ月になるとこになりました。

とても嬉しく思います。

すべてはこのお腹の中の子のために、努力してきました。

だからこそ、喜びもひとしおです。

無事に産まれてきてくれたら大切に育てていきたいです。

そして、少しの間でしたが、私のお腹の中に来てくれた過去の赤ちゃんにも、ありがとうと伝えたいです。