クラミジア治療中

お付き合いしている男性がいる、または結婚をしていてパートナーがいるのに、自分に性感染症であるクラミジアの反応が陽性と出た場合、あなたならどうしますか?自分のため、相手のために治療をしなければなりませんが、クラミジアの治療中であることをはっきりと伝えることができるでしょうか?

クラミジアは性行為を介して感染する感染症であるため、なかなか相手に言いづらいこともあるのではないでしょうか。ましてや治療中の性行為は、相手にもクラミジアを移すことになりかねないため、NGな行為です。クラミジアを治療している最中に、パートナーからセックスを求められたら・・・。今回はそんな場合の都合の良い言い訳について、考えてみました。

▼参考 クラミジア治療中にセックスをすると相手に感染する?避妊具を使っても?

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

クラミジアに感染するとどうなる?

クラミジア性感染症は、日本でも感染者数がとても多い感染症の一つで、その数は100万人とも言われています。ほとんど(ほぼ100%)の場合、性行為を介して感染が起こるこのクラミジアは、主に若年層で感染が拡大しているようです。

その背景には性行為の多様化や、避妊具の未装着といったことがあり、性感染症への認識の低さや性行為の低年齢化などが、若年層での感染拡大の大きな要因となっています。とても多くの人が感染している可能性のあるクラミジアですが、感染してもあまり自覚症状が感じられないのがクラミジアの特徴の一つです。

自覚症状があまりないために感染に気がつかず、感染を放置している人も多くいると言われていますが、その結果、怖い病気を招くこともあるんです。

クラミジアは粘膜同士の接触により感染が起こり、男性と女性では異なる症状を呈します。特に感染後に重篤な病気を引き起こす可能性があるのは女性の方で、個人差もありますが放置していた期間が長ければ長いほど感染は体の内部へと進み、子宮や卵管といった部分にも影響を及ぼす(子宮頸管炎や卵管炎などを引き起こします)ため、不妊症を患う原因にもなり得ます。

そのため感染に気が付いたのであれば、特に女性は早く治療をしてもらいたい病気の一つと言えます。

▼参考 クラミジアが卵管閉塞の原因に?感染してすぐになりうる? 

クラミジアに治療は必要?どんな治療?

クラミジアなどの性感染症に感染した可能性があるならば、自分のためにも相手のためにも、早く治療をする必要があります。クラミジアの治療を行うのであれば、男性は泌尿器科を、女性は婦人科や産婦人科を受診することになるでしょう。

病院ではまずクラミジアに陰性か陽性かの検査を受けることになります。検査方法は、男性であれば尿検査や血液検査を、女性であればそれに加えてオリモノなどを詳しく調べることで判断がなされます。

検査の結果が出るまでには1週間前後の期間が必要となる事が多いようです。検査の結果、陽性の判断がなされたならば、菌を退治するための治療をしなければなりません。

クラミジアの治療というのは、症状の進行が無く初期であれば、抗菌薬や抗生剤の薬を服用するだけというとても簡単なものです。服用も多くの場合1~2回程度で済むようで、何度も病院に通わなければいけない、ということも無いのです。

ただし、服用後に再度検査を行い、完全に体内からクラミジアの細菌がなくなったことを確認しなければ安心はできないため、薬を服用したことで治療をストップせず、再度検査を受けて陰性の結果が出るまではきちんと通院することが大事です。

クラミジア治療中のパートナーへの言い訳

もし自分がクラミジアに感染し、その治療を受けている最中だとしたら、パートナーにそのことを打ち明けられますか?クラミジアは性感染症であるため、たいていの場合、相手に伝えられない状況があるのではないでしょうか。

クラミジアの治療には、陰性の結果がでるまでに最低でも1ヶ月はかかると思っていてください。その1ヶ月の間に、パートナーからセックスを求められた場合、どのように対応すれば良いでしょうか?

クラミジアは菌としては強い菌ではありませんが、感染力に関しては強いとされています。そのため、治療中であっても相手に感染させることを考えると、性行為をしないことが一番の安全策です。

となると、治療中の最低1ヶ月間は性行為を控える必要があります。そんな時に都合のよい言い訳として、女性特有の病気や症状を理由にしてみてはいかがでしょうか?

例えば、「下腹部が痛くて病院に行ったら卵巣が少し腫れていたので、少しの間性行為を控えるように医師から言われた」とか、「体調が優れずに不正出血が続いているため、性行為ができない」などです。

男性には女性特有の病気や生理などの辛さは絶対に理解ができない部分ですし、それゆえにそういった事が理由であるならば、納得してもらい易いのではないかと思います。一番大切なのは、自分のためにも相手のためにも感染を治療し、移さないことです。

もしも感染の理由がパートナーに言えないもので、しかも今のパートナーとの関係を壊したくないのであれば、上記の様な言い訳を理由に治療期間中を乗り越えてみてはいかがでしょうか?