不妊治療をタイミング法から人工授精と実施してきて、うまく妊娠に至らなかった場合、体外受精を実施することになります。

⇒ 3段階の不妊治療方法詳細を見てみる

 

ただ、体外受精っていう言葉も、なんか怖い気がしますし、

  • どんな感じで実施していくのか?流れはどうなの?
  • リスクや危険性はどうなの?
  • かかる費用はどれくらい?

…と、様々な不安や疑問があるのではないでしょうか?

というわけで、今回は、そんな不安や疑問を解決するために体外受精の様々なことをお話していきますね。

 

体外受精を実施していく流れは?

基本的には以下の様な流れで実施します。

  • 十分に成熟した卵胞を採卵する。
  • ご主人から採精してもらう
  • 卵子と精子の受精後、受精卵が胚になるまで培養させる
  • 胚を子宮に戻す
  • 妊娠が成功したかどうかを調べる

 

十分に成熟した卵胞を採卵する

まずは、受精卵のもとになる卵子と精子がないといけません。

そのために、まずは女性側からしっかりと成熟した卵胞を採卵していきます。

この際に、より質の良い卵子を取り出す必要性があります。

ですから、この段階前に、普段からご主人とともに葉酸を摂取していくことをおすすめします。そうすることで、スムーズに体外受精を実施できます。

葉酸を摂取するには、食事などからではどうしても不十分になりがちなので、しっかりと葉酸サプリメントから摂取することがおすすめです。

⇒ 葉酸摂取基準量を満たすためのおすすめ葉酸サプリはこちら

 

採卵の仕方

採卵の際には、静脈麻酔などで痛みをなくしてから、経膣超音波検査にて膣内の確認を行いつつ、針を使って成熟した卵胞を取り出していきます。

こんなことを聞くと、非常に怖いと思われがちですが、麻酔により痛みはないので怖がる必要性はありません。

この卵胞を取り出すのにかかる時間は、15分~30分くらいです。

 

ご主人から採精してもらう

また、ご主人からも採精をしてもらいます。

この際に自慰をして採精してもらいますが、できるだけ新鮮な精子を使いたいので、病院にまで来てもらって採精することがベストです。

しかし、仕事の都合上どうしても…という場合には、自宅で採精していただき、その精液を1時間以内に持ってきていただくことになります。

 

卵子と精子の受精後、受精卵が胚になるまで培養させる

ここは病院で実施する部分なので、特に関与する部分ではありません。

受精してもらってから3日~5日程で再度病院を訪れますので、それまで自宅で安静にして待ちましょう。

 

胚を子宮に戻す

出来上がった胚を、子宮内に戻していきます。

ここでは経膣超音波により確認をしながら、子宮にカテーテルを利用して胚を送ります。

 

妊娠が成功したかどうかを調べる

妊娠の判定は、基本的に胚を子宮内に戻してから、約2週間後になります。

尿検査・血液検査を実施して、ホルモン類の値を調べながら妊娠したかどうかを医師が判断します。

 

以上が体外受精の大まかな流れになります。

こういった流れで実施することをまずは理解していきましょう。

ただ、これらを実施する上で、どれくらいの費用がかかるのか?と思われることでしょう。

というわけで、費用についてもご紹介します。

 

体外受精にかかる費用は?

この体外受精にかかる費用は一般的に、

1回の体外受精で30万~50万円かかります。

 

この治療費の金額はあくまでも目安であり、病院やクリニックによって異なります。

ただ、これくらいの金額を用意しておくことは事前に知っておきましょう。

 

お得!医療費控除を知っておこう

また、これだけの金額がかかるとなると、確定申告の際に医療費控除により払い過ぎた税金分が還ってきます。

そちらに関しては、次の記事に詳しく書いておりますので、ご覧ください。

⇒ 不妊治療費用の領収書はすべて保管し確定申告で医療費控除を!

 

お得!特定不妊治療費助成制度を知っておこう

体外受精や顕微授精に関しては、以下の3つの条件に当てはまり受給対象に該当すれば、都道府県から費用を助成してもらえます。

 

受給対象条件3つ

  • 都道府県指定の病院クリニックにて体外受精・顕微授精を実施した
  • 夫婦の年間合算所得が730万円未満である
  • 体外受精や顕微授精でなければ受精する可能性がない、もしくは極めて小さいと医師が判断した

この3条件を満たしていれば、都道府県から助成してもらえますので、利用することをおすすめします。

 

以上が体外受精に関する基本的な知識です。

これらをしっかりと知っておけば、損をすることや危険になることなどはないはずです。

事前にしっかりと知っておきましょう。

 

また、治療を少しでも長引かせないためにも、普段から葉酸を摂取して卵子の質を維持しておくことが大切です。

葉酸を適切に摂取するには、こちらの葉酸サプリメントがおすすめです。

⇒ 葉酸を過不足なく摂取するのにおすすめの葉酸サプリはこちら

 

葉酸は普段の食事からはうまく摂取することができません。

ですから、サプリメントを使って補っていきましょう。