イライラ

現在、幼稚園に通う5歳の娘と6ヶ月の息子を育てている30代専業主婦です。訳あって旦那の実家に同居しています。一人目も二人目も不妊気味ですぐ妊娠にはいたらず、何度も辛い思いをしました。

そんな私のイライラ解消法は‥。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

心機一転環境を変える! !

私の場合はパートに出る事でした。もともと、インドア派ではないため1日中家にいるのは退屈でした。家にいても頭の中は妊娠できない事で一杯‥。ネットで調べては落ち込む日々‥。

義理の母も1日中家にいるので息が詰まりそう‥。

娘が幼稚園の間ダラダラしているわけにもいかず‥。それがきっかけで働きに出る事となりました。

いざ仕事を始めてみると育児と仕事の両立は簡単ではないと痛感。毎日クタクタでした。しかし幅広い年齢層の職場だったので従業員との交流、お客様との会話がとても刺激的で、しばらくは赤ちゃんの事を考える暇もないくらいに充実した毎日を送っていました。

開き直ることも大事! !

仕事も慣れてきたころ、疲れてへとへとだった私も気持ちにゆとりができ子作りも再開。月に数日間しかないチャンスを逃すまいと旦那に内緒で排卵検査薬を購入しました。(私には不向きだったため、数回使用して断念しました)

タイミングもあってるはずなのに中々妊娠にいたらず‥。周りの二人目ラッシュも重なり、義理両親の二人目まだか?発言も加え私の心は焦りと不安で押し潰されそうでした。

仕事中も妊婦さんが目につき羨ましくて

「私の何がいけないんだろう?何であの人に妊娠できて私にできないんだろう?」と悲観的になっていました。

それと同時に不妊について色々調べ始めました。ネットには良いことも悪いことも書いてあり、寝ても覚めてもその事ばかり考える日々で軽く鬱っぽくなっていました。家庭にも育児にも影響が出てしまい悪循環の毎日でした。

そんなんじゃいけない!考えても何か変わるわけでもないんだし、今やれることすれば良いんだ!今しかできないことしよう! !って思ったらモヤモヤしてた気持ちが楽になっていました。

それから仕事を黙々とこなし、休みの日は娘と3時間くらい公園で遊びました。家族で旅行にも行きました。とにかく娘との時間を大切に楽しく過ごしました。

ママの笑顔! !

ある日突然娘に言われた事がありました。

「ママ最近元気ないね‥。」

自分では全然普通のつもりでいましたが、子どもには伝わっていたようです。娘に兄弟を作ってあげたいっていうのは、親の勝手であって娘が望んでいたわけではないかもしれない。

私は妊娠できない事で悩み悲しみ娘にまで心配をかけてしまっているのだとしたら‥‥。

赤ちゃんは授かり物だし、いつか私達のとこに来てくれると信じて、今はいつ来ても大丈夫なように妊娠しやすい体質になるように身体を整えよう。部屋も狭いし断捨離しよう。赤ちゃんのための準備期間にしよう。

それよりも私が笑顔でいることで娘が笑顔になる。娘の笑顔が家庭を明るくしてくれる。そっちの方が今は大事かもしれないと娘の言葉で気づかせてもらいました。

私の場合、仕事を始めたことで余計な事を考える暇がなくなりました。色々な人に出会いアドバイスや、経験談を聞けたのも大きいと思います。気持ちの切り替えが出来たことで大分楽になりました。

断捨離も部屋もスッキリ心もスッキリで一石二鳥!

笑顔は全てを幸せにします。

もしかすると妊娠へ近づく近道かもしれません。

仕事を始めて10ヶ月後妊娠し、妊娠6ヶ月まで働かせてもらい去年無事に出産しました!