人工授精 障害児

私が不妊治療をしていて、一番気になったことの一つに、不妊治療の末に授かった子供は自然に授かるよりも、障害を持って生まれる可能性が高いのかどうかということがありました。

これは不妊治療をしている人ならば、とても気がかりなことの一つであると思います。

私が治療を開始したのは30代のころで、最初はタイミング指導から治療をスタートしました。タイミング指導では授かることができず、人工授精、体外受精とステップアップしていったのですが、治療が高度になればなるほど上記のような心配は増していきました。

私のように、不妊治療をしていると同じような不安な気持ちを持っている人がたくさんいると思います。

そこで今回は人工授精について、自然妊娠に比べ障害をもって生まれてくる子供が多いのかどうか、私が過去に調べたことや自分の治療経験をもとにまとめてみました。

人工授精と自然妊娠の違い

人工授精について、受けたことの無い人にとってはどんな治療なのか、気になることがたくさんあると思います。

不妊治療の一番初めのステップとも言える「タイミング指導」では、女性の排卵の時期を特定し、そこに合わせて性交渉を持つよう指示をしてくれます。

不妊治療とは言え、「タイミング指導」はほとんど自然妊娠の過程と変わらないことになります。

⇒ タイミング法のやり方と必要な物は?費用はどれくらい?

では人工授精ではどうでしょうか。人工授精では、排卵の時期を特定するまでは同じですが、その後の過程が違ってきます。

排卵日を確定し、そこに合わせて通院し、事前に採取しておいた男性の精液を洗浄濃縮し、その精液を子宮に直接注入することで処置が完了します。精液に手を加え、人工的に女性の子宮に精液を運ぶ、ということになりますが、その後の受精、着床、妊娠成立までの過程は自然妊娠のそれと変わりはありません。

一番気になるのは、精液の洗浄濃縮の部分でしょうか?精液の洗浄濃縮では、より優秀な精子の選別を行ってくれています。

この作業を行うことで、精子の運動率をあげることができ、受精能力の高い精子の選別がされているのです。

人工授精の治療、薬などによる影響は?

上記にて、人工授精の内容について少し触れましたが、どのように感じたでしょうか?いままで受けたことが無かった人は、想像よりも簡単なものに感じたのではないでしょうか?

実際に人工授精の治療は、不妊治療の中ではチャレンジし易いもので、治療内容に関しても、自然妊娠に近い過程の治療と言えると思います。

人工授精の治療中は、数種の薬を服用するよう指示されることが多いです。私の場合、排卵誘発剤(クロミッド)や黄体ホルモン補充薬(ルトラール)の服用を指示されました。

⇒ 人工授精後の黄体ホルモン剤の効果とは?副作用は?ルトラール

また、服用だけでなく、HCGやHMGといった筋肉注射を受けるよう指示されることもあるかもしれません。

自然妊娠の場合にはこういった薬の服用や注射を受けることは当然ありませんので、副作用や薬の影響による障害の可能性を心配されるかもしれませんが、医師からはそのような説明は一切ありませんでした。

また、人工授精で使用される薬に関して、比較的副作用も少なく、安全性が確認されているものばかりなので、そういった心配はしなくても良いものと思われます。

障害児が生まれる可能性は高くなるのか?

このテーマに関して、ある意味では「イエス」となります。しかし、これは人工授精を受けるから障害児が生まれる可能性が高くなるという意味ではありません。

不妊治療を始める方は何歳くらいの方が多いのでしょうか?

私が治療を開始したのは、前述のとおり30代に入ってからでした。不妊治療の病院を訪れると、やはり年齢層は30代、40代の方が中心です。

一般的に、年齢が高くなればなるほど、流産の可能性が高くなったり、障害児が生まれてくる可能性も高くなってきます。

不妊治療を始めるには多少なりとも勇気が要ります。若いころには「まだ大丈夫」というような気持ちも手伝って、治療をスタートするのが遅くなって、気づけば30代半ばということもあります。

また最近は女性の社会進出の関係で晩婚・晩産化が進んでいます。社会的な背景や、不妊への無関心から治療を始めること自体が遅く、その頃には年齢が進んでおりその結果、加齢などの影響も受けて一見治療によって授かった子供に障害児が多いようなデータが出てしまうことがあります。

ですが、決して治療の影響だけでそのような結果が出ている訳ではないということ理解してもらいたいと思います。

⇒ 卵子は日々老化しているという事実!自分の卵巣年齢を知る方法とは?