今となっては人にも気軽に話せる事なのですが、以前私は不妊で悩んでいました。

大学時代からお付き合いしていた男性と卒業5年ほどしてから結婚し、その後5年間特に避妊もせずに夫婦生活を送っていましたが、妊娠の兆候は一度もありませんでした。

私は国家資格もちでキャリア志向が強く、また当時は子どももそんなに好きでもなく、よって子どもが欲しいと思ったこともなかったのです。

しかし夫は違いました。

 

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

婦人科への受診をすすめる夫と、それを避ける私

夫はなかなか子供を授からない私に、何度も婦人科の検査へ行くように勧めました。

激務でありかつ責任も重い職種だった私は、いろいろと理由をつけて避けていましたが、「このまま子どもが出来ないと離婚だ!」と言われ、ようやく重い腰をあげて検査に行きました。

参考:産婦人科初診での検査や費用について

そこで医師から子宮内にポリープがあると知らされました。ポリープの数は一つで、その日に手術の予約を入れました。

手術は順調に終わり、また仏の日々に戻りました。それでも妊娠はありませんでした。

 

離婚をちらつかされてようやく焦る

離婚をちらつかされ、始めて私は焦りを感じました。キャリアを重ね、気づけば来年には30も半ばの年です。

不妊という文字が頭を支配し始めました。

そうして、そうなって初めてもっと早い時期に子どもを持つことを真剣に考えなかったことを後悔しました。

自分の仕事は気に入っており、キャリアを気づけたことは単純に誇れるところですが、同時に私は夫も愛していましたから。

仕事にかまけて、時には家庭をおろそかにすることもある自分を大事にして支えてくれたのは、間違いなく夫です。

その夫がああまでも欲しいという子ども。

それまでの人生では自分の事ばかりを見てきた私ですが、このころからようやく夫の事も考えるようになったのです。

 

出来ないだろうと諦めていた妊娠が?!

そんなとき私に1つ大きな出来事が訪れました。

その出来事というのは妊娠です。

ずっとできないだろうと思っていたのですが、妊娠したんです。

しかし…、発育不良で流産という結果に…。

仕事ばかりで自分の健康のこととかも全く考えていなくて、栄養がたりていなかったようなのです。

それからは、自身の精神状態や栄養面がお腹の中の子どもに重要だとわかり、自分の生活も気にするようになりました。

仕事だけではなくて、プライベートの充実のために健康面にも気を使うようになったのです。

また、色々と調べていくと、厚生労働省が妊活中から葉酸の摂取をサプリメントで補助していくことを推奨していました。

以前のように、自分の子を流産したくないという思いで、葉酸サプリメントにも頼りました。

 

そんな規則正しく健康的な生活を送っていて以前の流産から約1年程たち、再度妊娠することに成功!

そして、元気に育ってくれました。

その時の子供も今は無事2歳を迎え、今私のお腹には二人目の子供がいます。

子どもは本当に愛らしく、いまではこの子がいない人生など考えられないほどです。

子どもをほしいとも思わなかった私がここまで変わってしまうとは。

今は頑固だった私にもめげずに子供を欲してくれた夫に感謝してもしきれない思いです。