人工授精

女性は体を冷やしてはいけない!と言う事を言われたことはありませんか?私は幼い頃から、良く母や祖母から言われた記憶があります。その時はなぜ?という疑問を持つことも無く、ただ「そうなんだ」と思っていただけでした。

改めて冷えについて考えたのは、私が妊娠を意識しだした頃です。それまでの生活を思い返してみると、体に良くない事ばかりだったように思います。

基本的に暑がりで寒がりで、代謝が悪いようで汗をかくこともあまりなく、私の体は「冷え」ていたのだと思います。では、この「冷えている」という状態は妊娠するために不利に働くのでしょうか?

「女性は体を冷やしてはいけない」と言う言葉にはどういう意味があるのでしょうか、妊活中に学んだことをもとに下記に書いてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

「体が冷える」ということ

妊活をしている方であれば、「冷えは妊娠するために良くない」ということを色んな所で見聞きしているかも知れません。私もそのうちの一人でした。

妊活を始める前の生活を思い返してみると、仕事が忙しいこともあり、慢性的に睡眠不足で食事は外食が多く、運動不足で毎日のように飲酒もしていました。

体にとって良いことが一つもないような生活だったように思います。

また、体の冷えに関しても自分では意識したことがなかったのですが、妊活の一環で通っていた漢方内科の医師に「隠れ冷え性」であることを指摘されたのです。

「隠れ冷え性」の方は自分では「冷え性」であることを自覚しにくく、体の内部が冷えている状態だそうです。自分でも知らないうちに、いつの間にか「慢性的に体が冷えている」状態になっていたのです。

冷えが妊娠に不利に働く理由

ではどうして冷えている状態だと、妊娠するのに不利であると言われるのでしょうか?それは血流・血行が関係してきます。

血流・血行不良と冷え性は相互に関係しています。体が冷えると血行不良になりますし、血行不良になるとさらに冷えが進みます。体が冷えた状態、血行不良の状態でずっといると、体の隅々まで血液が行き渡らず、必要なところに十分な量の血液が流れないことになります。

血液は様々な栄養素を、体の色んな組織に供給する役割を持っています。また、老廃物を受け取って運んでくれるのも血液です。この血液が滞ってしまったり、うまく流れなくなってくると、当然体に何らかの不調をきたすことになります。

妊娠のために大事な臓器と言えば子宮や卵巣などになりますが、冷えがあり血行不良の状態にあると、そちらにも十分な量の血液が流れていないことになります。その結果、子宮や卵巣などがうまく機能せず、そのまま放置しておくと妊娠しにくい身体、不妊ということにもつながってくるのです。

冷えを改善するためには何をすれば良い?

上記などの理由から、「冷え」は妊娠に対して不利であることがわかりました。では、「冷え」を解消・改善するために具体的にどうすればよいのでしょうか?以下は私が実際に行った冷え改善法です。

体を温める

「体が冷えている」のであれば、当然「温める」という事が必要になってきます。自分のお腹を触ってみて下さい。掌より冷たく感じませんか?お腹以外にもお尻や太ももなど、触ってみて冷たいと感じる部分はたくさんあります。そういった部分を直接温めるようにしましょう。夏でも腹巻を活用したり、首もと足首などを温めたり。特にお腹、腰回りを冷やさないように意識してみました。

冷たい食べ物・飲み物を避ける

夏であっても冷やした飲み物を摂取するのは、基本的に避けていました。暖かい食べ物・飲み物を摂取すると、体の中から温まっている実感も得られますし、実際に冷えに対しても有効であったと思います。また、食材に関しても体も冷やす食べ物・温める食べ物があるので、そういったことも意識して摂取する食材・食事に気を付けていました。

運動不足の解消

妊娠を意識するまでは、ほとんど運動を行っていませんでした。運動不足になると、筋肉が落ち、代謝が落ち、その結果血行不良・冷え性になってしまいます。軽い運動で良いので定期的に体を動かすことが大事です。私は時間のある週末などにウォーキングをするようにしていました。

上記を実践してみると、ふとした時に「体が温まっている」と実感できる時が確かにありました。それまでの生活で、如何に自分の体が冷えていたのかを考えさせられました。少し意識を改善するだけで実践できそうな事ばかりだと思います。妊活・妊娠を考えているのであれば、ぜひ今日から始めてみてください。

⇒ 妊活のためにやった冷え性改善方法とは?