タイミング法

結婚して数年が経ち、そろそろ子どもが欲しい!、と思ったときに具体的にどのような行動をすれば妊娠への近道になるでしょうか。妊娠し易い身体作りを始めるのも良いでしょうし、基礎体温を付けることも大事です。妊娠について、意識していなければ意外と妊娠し易い時期やタイミングについて、知らない人も多いのかも知れません、かつての私がそうだったように。

妊娠し易い時期を予測し、性交渉を持つことで妊娠の確率を上げる「タイミング法」をご存知でしょうか?
不妊治療においては、まず第一の段階が病院で指導されるタイミング法となります。

⇒ タイミング法のやり方と必要な物は?費用はどれくらい?

このタイミング法について、不妊治療を扱っている病院で指導してもらえるのですが、自己流でもトライしてみることは可能です。両者、どのような違いがあるのか、下記にまとめてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

タイミング法とは?

タイミング法に挑戦するためには、「基礎体温」を付けることが必須となってきます。妊娠を望んでいる女性であれば、毎日付けているかも知れませんが、習慣的に付けていないという人も意外と多いのではないのでしょうか。

女性の体では、月に一度排卵が起こります。この排卵日を把握することができれば妊娠の近道になります。また、排卵日を把握し、そのころに性交渉を持つ方法を「タイミング法」と言います。

排卵日を予測するには先ほども言ったように、基礎体温を毎日つける必要があります。女性の基礎体温には高温期と低温期と呼ばれる2つの層があり、低温期から高温期に移行する時(もしくは移行した後やその前後)に排卵が起こると言われています。排卵日に性交渉を持つことができれば、何も想定せずに性交渉を持つよりも、妊娠の確率が上がることになります。

独自で行うタイミング法、その方法とは?

タイミング法は病院で指導してもらわなくても、実践することはできます。上述のように、基礎体温を毎日付けていくことによって、ある程度の排卵日は予測できるからです。

ただし、基礎体温を付けているだけでは正確に排卵日を特定することはできません。排卵日に関しては個人差が大きく、低温期から高温期に移る時に排卵する人がいれば、高温期に移行してから2日後に排卵が起こる人など、さまざまです。

そこで利用したいのが市販されている排卵日検査薬です。妊娠判定薬と同じように、尿をかけることによって排卵日を教えてくれるものとなっています。

値段は5~7回分ほどがワンセットとなって、3000円前後でドラッグストアなどで購入することができます。基礎体温と排卵日検査薬を使う事で、自己流ではあってもある程度の予測ができてくるため、何も想定しない場合より妊娠率は上がってくることでしょう。

⇒ タイミング法のやり方と必要な物は?費用はどれくらい?

病院でのタイミング指導、自己流との違いは?

自己流でタイミング法を行う場合の方法を上で書いた訳ですが、病院でのタイミング指導との違いはなんでしょう。不妊治療を扱う病院で受けるタイミング指導では、排卵日の特定が自己流のものよりもさらに正確になります。

独自で行うタイミング法では、基礎体温と排卵日検査薬を用いることで、2~3日以内程度の範囲で排卵日を予測することができます。しかし排卵日検査薬は種類や感度によって見方が変わったり、判定しづらいこともあり、使い方になれるまでに少し時間がかかるかも知れません。

できれば正確に排卵日を知り、その時に性交渉を持った方が良いと思いませんか?そういった場合に病院での指導が有効になります。

病院では、基礎体温のほかに超音波エコーを用いて卵胞の大きさを確認し、排卵日を特定します。卵胞が排卵を起こす大きさまで成長したのを確認してから、性交渉をもつ日にちを指導してくれますので、独自で行う場合よりもさらに排卵日特定の精度は増します。

不妊治療を行う病院というのは、やはり最初は行きづらいものです。ひとまず、独自のタイミング法を試してみるのも一つの方法です。何周期か試してみて、妊娠に至る気配がないのであれば、病院にお世話になる事も必要になってくるでしょう。

また、正確さの面では圧倒的に病院には勝てませんので、年齢的にな条件等で早く妊娠を望んでいるのであれば、自己流を試すよりもまずは不妊検査を受け、治療を受ける方が妊娠への近道になるのではないでしょうか。

⇒ 産婦人科の初診検査って何をするの?費用はどれくらい?