妊活

女性の体のリズムを知るうえで重要になってくる基礎体温、皆さんは付けているでしょうか?私は妊娠を意識するまで基礎体温を付けたことはなく、また、基礎体温を付けることで何がわかるのかについても、詳しくは知りませんでした。

不妊治療を病院で受けることになると、たいていの場合病院側から基礎体温を付けることを指示されることになります。基礎体温を付けることで妊娠し易いタイミングや、体の不調を読み取ることもできます。

ここでは正しい基礎体温の測りかた、タイミング法と基礎体温の関係などについて、過去学んだ事、経験をもとに書いてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

基礎体温とは?基礎体温からわかる事

まず基礎体温について、どの時間帯の体温を測定すれば良いかご存知でしょうか?基礎体温と言うのは起床時、体を動かす前の安静にした状態で測定することで得られる体温のことを言います。

就寝時というのは寝る事以外に体力を使っておらず、基礎体温は起床時(活動中)の体温よりも少し低めです。

基礎体温を毎日付けていくと、ひと月(1つの生理周期)の間に2つの層が現れるでしょう。それぞれ低温期、高温期と言われ、通常約2週間ずつその期間は続きます。

低温期中には生理があり、卵巣では卵胞が育っていく期間となります。低温期中に成熟した卵胞から卵子が放出されるのが排卵であり、排卵を機に体温は高温期に移行します。

低温期中に卵胞だった組織は排卵後、黄体という組織に変化します。高温期中はこの黄体から黄体ホルモンが分泌され、子宮内膜を厚くしたり、体温を高温にキープしたりと、妊娠を継続し易い状況が作られるようになっています。

基礎体温を付けていくことで、排卵の有無、生理周期、妊娠し易いタイミングなどが分かってくるようになります。

タイミング法と基礎体温の関係

上記にて、女性の体のリズムを知るためには基礎体温を習慣的に付けていくことが大事であることが分かりました。ではタイミング法を実践する上で、基礎体温のどういった部分に注意するべきでしょうか?

女性の体内では月に一度排卵が起こる訳ですが、その排卵日に性交渉を持つことで妊娠の確率が上がることは皆さんご存知だと思います。

タイミング法とは、排卵日を予測し、その時を狙って性交渉を持つ方法です。つまり、基礎体温を毎日きちんと測定し、記録していくことで排卵日を予測・特定し、妊娠確率を上げていく方法という事になります。

排卵の時期と言うのは、上記で書いた通り低温期から高温期に移行する時期になります。正常な生理周期をお持ちの方であれば、生理の開始が低温期の開始になり、生理開始から約2週間後頃に排卵を迎えることになります。

ただし排卵の時期にはもちろん個人差があります。生理から14日目に排卵を迎える人がいれば、13日後や17日後に排卵を迎える人も居ます。そのため、最低でも3か月は基礎体温を測り記録を続け、自分の排卵のタイミングを見極めることが必要になってきます。

基礎体温を正しく測り排卵のタイミングを見極めよう

妊娠の確率を上げるためには、正しく排卵の時期を見極めることが大切です。そのためには、毎日の基礎体温の測定をきちんと行うことが必須になってきます。

基礎体温とは起床時の体を動かす前の体温であると先ほど書きましたが、毎日だいたい同じ時間帯、同じ場所(基本的には舌下)で測定するようにします。基礎体温は前日の睡眠時間や体調、飲酒の有無などによっても多少変わってきます。

正しく自分の体のリズムを知りたい場合は、就寝時の時間、起床時の時間、日常生活の過ごし方にも気を付けて測定する必要があります。また低温期と高温期の温度差は0.3~0.5度程度です。

正しく測定できていなければ誤差が生じ、記録もうまくいかず読み取りが困難なグラフになってしまうでしょう。タイミング法で妊娠の確率をあげたいのであれば、やはり正しく基礎体温を測定・記録し、排卵の時期を特定することが重要となってきます。