タイミング法

不妊治療を行ってみると、思っていたよりも多くの薬や注射などの薬剤が使われる事に驚きました。私は過去に5年間、不妊治療を経験してきました。

不妊治療には段階があり、たいていの人はタイミング法、人工授精、体外受精へとステップアップしていきます。この3つの段階を経験してきた訳ですが、それぞれの段階で使われる薬剤は同じものもあれば、その段階特有のものもあります。

不妊治療では比較的よく使われる経口薬のひとつに「ルトラール」という薬があります。この薬はタイミング法の治療中にもよく処方されるのですが、下記にこの薬の効果や副作用、服用のタイミングなどについてまとめてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

ルトラールとは?どんな薬?

不妊治療を受けている人にとっては馴染みのある(かも知れない)ルトラールという薬、どういった効果があるのかご存知でしょうか?私が不妊治療を受けていたころにも処方されていたのですが、最初のころは、ただ病院側から指示されるがままに服用していて、どんな薬なのか理解していませんでした。

ルトラールとは、女性ホルモンの一種である黄体ホルモン(プロゲステロン)を人工的に合成したものです。プロゲステロンは黄体から分泌される女性ホルモンで、このホルモンの分泌が必要量に達していなければ、生理不順や不妊症と言ったトラブルが起こる原因の一つになります。

⇒ 生理不順でもタイミング法は成功する?確率を上げるには?

排卵後に分泌が始まる黄体ホルモンは、受精卵が着床し易くなるように子宮内膜を厚くしたり、妊娠を継続させるために体温を高温に保ってくれる等の働きをします。排卵後に体温がなかなか上昇しない方や、上がっても長く高温期が続かないといった場合に効果を発揮します。また、黄体ホルモンの補充という意味でタイミング法や人工授精の治療では良く処方されます。

ルトラールの副作用について

上記にて、ルトラールがどのような薬なのかお分かりいただけたと思います。不妊治療では良く使われる薬剤のひとつではありますが、薬である以上、当然少なからず副作用があります。

私が処方されたときに説明を受けた副作用には、食欲不振・下痢・吐き気・腹痛・乳房の張り、痛み・不正出血・下腹部痛などがありました。その他にも倦怠感・眠気・頭痛などが現れることがあるようです。

ちなみに、5年の不妊治療を通して、たいていの周期でルトラールを服用していましたが、私には上記の様な副作用は現れませんでした。

ルトラールの副作用は現れたとしても軽度のものが多いようで、特に心配する必要はなさそうです。ルトラールの副作用で一番気を付けなければならないのは、血栓症についてです。血栓症を引き起こすことはまれではあるようですが、手足にしびれを感じたり、動悸・息切れと言った症状が現れた場合にはすぐに服用を中止し、医師に相談する必要があります。

ルトラールを服用するタイミング

子宮内膜を厚くして着床を助け、高温期の継続にも重要な働きをする合成ホルモン剤ルトラールですが、不妊治療中では服用する時期が決まっています。今回はタイミング法での服用タイミングについて説明します。

ルトラールは黄体ホルモン剤なので、当然黄体ホルモンが分泌される頃に合わせて服用を開始します。黄体ホルモンは排卵後から分泌が始まる女性ホルモンです。

病院で行われるタイミング指導では、超音波エコーなどで排卵日を特定し、性交渉を持つ日程を指示してくれます。指示に合わせて性交渉を持った後、ルトラールの服用を開始します。

個人の排卵に合わせて服用のタイミングも指示されるはずなので、それは性交渉を持った当日の夜からであったり、翌日の朝からという場合もあります。ルトラールは一定の期間(私の場合は10日間)服用し続ける必要があります。

飲み忘れた場合などは、すぐに病院に連絡し、どのようにすれば良いのか指示を仰ぐようにして下さい。ルトラールを服用している期間中は、いつもより高温期の体温が高くなったり、高温期が継続する期間が長くなったりするように感じます。高温期が長くなると、「妊娠したのでは?」と思ってしまいがちですが、ルトラールの影響も考えられますので、妊娠判定は服用終了後、数日たってから行うようにすると良いでしょう。