タイミング法

女性の排卵日に合わせて性交渉を持ち、妊娠の確率を上げる方法を「タイミング法」と言います。タイミング法は個人で行う事も出来ますが、病院にて不妊治療として指導を受けながら実践することもできます。

⇒ タイミング法は病院で相談するべき?独自でやっても大丈夫?

病院で指導してもらう場合は、個人で行う場合に比べて排卵日の予測が正確になるため、より精度があがるでしょう。

また、病院でのタイミング指導では、排卵日を特定してくれるだけでなく、個人の症状に合わせて薬剤の処方や注射などの対応をしてくれます。

不妊治療では良く「HCG」という注射が使われますが、この注射はタイミング法においても使われることが多い薬剤のひとつです。

今回はタイミング法においてどのような場面でHCG注射が使われるのか、タイミング法とHCG注射の関係についてまとめてみました。

HCG注射とは?その効果は?

不妊治療をしている人にとって、最もポピュラーな薬剤の一つがこのHCG注射だと思います。私が不妊治療を行っている最中も、ほとんどの周期でこの注射を受けていました。

では、不妊治療をする上でこの注射がどのような効果を持っているのか、下記にまとめてみました。

まずHCGとは「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモンの一種で、受精卵が子宮内膜に着床した時、受精卵の表面にある組織から分泌されるものです。

HCGホルモンには2つの大きな作用があります。

一つ目として、HCGには卵巣を刺激する効果があることが分かっています。そのため排卵誘発の効果があり、十分に育った状態の卵胞を確認した時にHCG注射を行うと、24~36時間以内に排卵が起こると言われています。

2つ目の効果として、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促進します。プロゲステロンは子宮内膜を厚くしたり、高温期を維持して妊娠を継続するのに重要なホルモンですが、その分泌を助けてくれるのがHCG注射です。

注射後のタイミング法、病院からの指示は?

上記にてHCG注射の効果について、どんなものなのか分かって頂けたと思います。病院にてタイミング指導を受ける場合、排卵日前に何度か通院し、卵胞のチェックを受けます。

通常卵胞は排卵が起こる大きさがだいたい決まっていて、卵胞の大きさが18~22ミリ前後で排卵を迎えます。

何度かの通院で、超音波エコーにて卵胞の大きさを確認し、十分な大きさに成熟しているのが確認できたら、「確実に排卵を起こすため」、または「タイミングをしっかり合わせるため」にHCG注射を受けます。

上記でも触れたとおり、十分に卵胞が成熟していればHCG注射から24~36時間以内に排卵が起こることになります。その日程、時間帯を考慮して病院からは「何日と何日にタイミングを取るように」などと指示があります。

最適なタイミングとは?

卵胞が成熟した後にHCG注射を受けると、24~36時間以内に排卵が起こることが分かりました。

また、病院ではその後の性交渉を持つ日程を指示してくれます。ほとんどの場合、病院からは2~3回ほどタイミングを取るように指示が出されると思います。

それは、注射を受けた当日であったり、翌日であったりしますが、個人の状況を見て医師が判断してくれます。日程の指示はしてくれても、時間帯の指定まではありません。

例えば、夕方4時に注射を受けたとすると、排卵が起こるのは翌日の夕方4時から明け方の4時の間と考えられます。そのため、病院からは注射の翌日にタイミングを取るよう指示されるでしょう。

最適なタイミングを考える上で重要になるのは、精子と卵子が出会うタイミングです。精子は卵子に比べて寿命が長く、卵子より長生きです。卵子は卵胞から放出されて24時間ほど生存可能と言われていますが、授精可能な時間はそれよりも少ないとされています。

そのため、授精のためには卵子が卵胞から放出されるよりも前に、精子が体内に存在し、卵子を待ち構えている状態が望ましいようです。

基本的に病院から指示された日程を守り性交渉が持てれば、十分望ましいタイミングと言えそうですが、時間帯までを気にするのであれば自分たちで計算し、排卵すると思われる時間よりも少し前に性交渉を持つなど、工夫しても良いかも知れません。どちらにしても、あまり気負いすぎずにリラックスした状態で臨めると良いですね。

⇒ タイミング法治療中は旦那に禁欲してもらうべき?