タイミング法 旦那

「子供が欲しい」と思った時、やみくもに性交渉を持っても、簡単に授かれるものではありません。なぜなら、健康な人間の男女が排卵日に合わせて性交渉をもっても、一度で妊娠に至る確率は20~25%程度だからです。

女性の排卵日に合わせて性交渉を持つ方法を「タイミング法」と言います。女性が排卵するのは月に一度のことなので、1年では12回しか妊娠するチャンスはないという事になります。早く子供が欲しいという事であれば、なるべくチャンスは逃したくないですよね。

いざ排卵日を確認し、その日に合わせてタイミングを取ろうと思っても、2人の気持ちがかみ合っていなければ、そのチャンスは無駄になってしまいます。そこで今回はタイミング法にチャレンジする際、どんなことに気を付ければ良いのか、また、パートナーの協力が得やすいのかを実体験などをもとに書いてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

タイミング法について知ろう

タイミング法とは、上記の通り女性の排卵のタイミングに合わせて性交渉を持つことで妊娠の確率を上げる方法ですが、個人で行う方法と、病院にて指導を受けながら行う方法があります。

どちらもまずは、基礎体温表が必要になってきます。基礎体温とは起床時、体を動かす前に測定する体温のことで、毎日測定しグラフ化することで、生理周期や体のリズム、体調の変化などが読み取れます。

基礎体温をつけることでわかることの一つが排卵日です。女性の基礎体温には、低温期と高温期があり、1周期の間に約2週間ずつそれぞれの期間が存在します。生理の開始日が低温期のスタートであり、スタートから14日前後で排卵日を迎えます。排卵日を境に高温期へと体温は移行します。そのため、基礎体温を付けていくと、大体の排卵日が予測できることになります。

ただし排卵日には個人差がありますので、基礎体温だけでは正確に排卵日を知ることはできません。さらに正確に排卵日を知りたいのであれば、病院にてタイミング指導を受ける必要があります。病院では基礎体温に加えて、超音波エコーなどを用いて卵胞のチェックを行う事で、正確に排卵日が特定できます。そのうえで性交渉を持つ日程を指導してくれますので、個人で行う場合に比べて妊娠の確率は上がってくると言えるでしょう。

⇒ タイミング法は病院で相談するべき?独自でやっても大丈夫?

お互いの意思疎通は大丈夫?

排卵日が特定でき、性交渉を持つ日程が指示されれば、あとはパートナーにタイミングを取る日を伝えて実行するのみですが、指導された日にきちんと実行できるでしょうか。病院で指導される場合、通常2~3回ほど指示された日程で性交渉を持つように言われるのですが、その通りに実行できない場合があります。

例えば、男性パートナーが仕事の都合でその時期にちょうど出張などで不在だったり、あるいは飲み会などで帰宅が遅くなり、タイミングが合わないなど・・・。

仕事上のことなので、仕方がない場合もあるとは思いますが、女性側としてはやはり月に一度のチャンスですし、逃したくないはずです。「子供が欲しい」というのがお互いの共通の思いであるならば、再度パートナーの気持ちや考え方を確認し、協力し合う必要があるでしょう。

パートナーに協力してもらうためにはどうする?

せっかく病院に通って、日程の指示を受けたからにはその指示通りにタイミングを取りたいと思うのが普通です。しかし、上記のようにいろいろな事情で、全く指示通りに実行できるとは限りません。なるべく自然にタイミングが取れるよう、女性側で努力することも必要になってくるでしょう。以下にどのようなことに注意したのか、実際に行ったことについて書いてみました。

排卵のタイミングを早めに知らせておく

病院では正確な排卵日を特定し、性交渉の日程が指示されますが、その前に基礎体温などから大体の排卵日は予測できるはずです。1週間前後で予測を立てておき、なるべく早めの段階である程度の日程を伝えておいて、パートナーの仕事の予定を空けてもらうようにします。なるべくその辺りには飲み会などの予定も入れてもらわないようにしました。

⇒ タイミング法の成功確率をアップする基礎体温の取り方

義務的に感じるような言葉は使わない

実は、日程を指示されて性交渉を持つというのは、男性にとっては結構なプレッシャーを感じるもので、それが原因でEDになってしまう人も居るそうです。なるべく義務的に感じるような言葉は避け、自然に臨めるような環境づくりが大事です。

⇒ 旦那がEDの場合、タイミング法はどうするべき?

意識の違いを埋める

タイミング指導での通院となると、男性は一緒に通院する必要がなく、必然的に病院から得られる知識は少なくなりがちです。女性側から積極的にどれだけ月に一度のチャンスが大事なのか、大事にしているのかという事をしっかり伝え、同じ気持ちで臨むことが重要です。

男女間ではどうしても考え方、意識に違いが生まれます。そのことで険悪な雰囲気になってしまっては意味がありません。よく話し合うことでお互いの意思を同じ方向にもっていくことが大事なのではないでしょうか。