タイミング法 1回目

近年の日本は、不妊大国と言っても過言ではありません。不妊治療を行う病院には患者があふれ、どこも込み合っています。

不妊治療を扱う病院も、少し前に比べると数がずいぶん増えたように思います。現在の日本において、6~7組に1組は何かしらの不妊の要素を持っていると言われており、身近な人が治療を行っていることも少なくはないでしょう。

妊娠・出産はまだ先のことと考えている人も、将来的に子供を望んでいるのであれば、不妊のこと、不妊治療のことを少しでも知っておいて欲しいと思うのです。

今回は不妊治療でも極初期の治療である「タイミング法」について、挑戦することになった時、どのようなことに気を付ければ良いのか、下記のようにまとめてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

不妊とは?病院に行くタイミングは?

最近は良く「不妊症」や「不妊治療」または「妊活」と言う言葉を新聞、テレビなどでも聞くようになったように思います。「不妊」と聞いても、どこか他人事のようで、「自分には関係のない事」のように感じるかもしれません。

実際に私も、そのように思っていた一人でした。

現在の不妊症の定義は「避妊をせずに普通に夫婦生活を持っているにもかかわらず、1年以上授からない状態」だそうです。

実際に定義のような状態であっても、不妊治療の病院の門を叩くには勇気がいるため、なかなか最初の一歩が踏み出せないかも知れません。

また、自分では病院にかかろうと思っていても、パートナーからの賛同が得られないこともあるかも知れません。

しかし、不妊治療というのは年齢を重ねるごとに、結果が出ない、難しいものになっていきます。上記、定義の様な状態に当てはまる、またはなるべく早くに子供を授かりたいと思うのであれば、最初の一歩を踏み出し、まずは不妊の検査を受けることから始めましょう。

初めての不妊治療、何をする?

不妊を疑い不妊治療の病院に行くことになれば、最初に行う事は不妊の検査です。

不妊治療には主に3つの段階があります。最初は「タイミング治療」、次は「人工授精」、最後は「体外受精」です。

段階が進むほど、治療は高度になり、それに伴い費用もかかってきます。

不妊の検査は病院によって受ける項目、種類に違いはありますが、男女ともに指定の検査を受け不妊の原因を探ります。ここで原因が見つかれば、それに対応した治療を受けながら妊娠を目指すことになりますが、問題がなくても妊娠に至らないことがあります。

検査の結果特に問題がなく、年齢的にも余裕があるといった場合、たいていの人が最初に勧められる治療が「タイミング治療法」です。

タイミング法とは女性の排卵の時期を予測し、そこに合わせて性交渉を持つ事で、授精・妊娠の確率を高める方法です。

排卵日を予測することは基礎体温を付けていれば個人でもできるため、実践している人も多いでしょう。しかし、授精には精子と卵子が出会うタイミングがとても重要で、そのため排卵日を正確に知ることが大事になってきます。

基礎体温をもとにした排卵日予測では正確性に欠けるため、病院でのタイミング治療を受けることで予測の精度、妊娠の確率を上げていきます。

⇒ タイミング法とは?妊娠確率を上げるために出来ることとは?

病院でのタイミング法とは?気を付けることはある?

いざ治療を受けることになると、治療の内容や、何か気を付けることがあるのか、気になると思います。タイミング法は排卵日の予測ができれば、個人でもチャレンジできることを上記にて書きました。

しかし、精子と卵子が受精する確率を上げるためには、正確に排卵日を知る必要があるため、病院でのタイミング治療を受けることになります。

病院では基礎体温をもとに、ある程度の排卵日の予測を立て、さらに超音波エコーを用いて卵胞のチェックを行う事で、排卵日を特定します。

特定ができれば、医師より性交渉を持つ日程の指示があり、指示に従って行動します。病院では、適切な性交渉の日程を指示してくれますので、個人で行う場合に比べて妊娠の確率は上がってくるでしょう。

個人で行う場合であっても、病院の指示の元であっても、排卵日に合わせて性交渉を持つという事に変わりはなく、その後の過程は自然に妊娠に至る場合とも何ら変わりはありません。

初めてのタイミング治療となると、治療に対する不安などで緊張してしまうかも知れませんが、リラックスして力を抜いて診察や治療に当たることが大事です。

またタイミング治療では、薬の処方や注射の投与が追加されることもあります。医師の指示、注意事項をよく聞いて服用のタイミング、診察の日程に間違いがないように気を付けましょう。

タイミング治療は通院の回数も少なく、肉体的・金銭的・精神的にもあまり苦痛を伴わない治療だと思います。「自然に妊娠するために、少しだけ病院の力を借りる」という気持ちで臨めれば良いでしょう。

⇒ タイミング法におすすめの病院は?口コミなどで人気のクリニックは?