タイミング法 男女の産み分け

子供が欲しい!と思った時に、誰にでも少なからず「男の子が欲しい」とか、「女の子が欲しい」といった性別の希望があるのではないでしょうか。

もちろん授かるのであればどちらでも嬉しく、幸せなことです。1人目を授かることができ、2人目、3人目をを望むとき、第一子とは違う性別の子を希望するのも普通のことです。

そんな時、男女の産み分けの方法があるのならば、試してみたいと思うのではないでしょうか。

不妊治療では、極初期の治療法として「タイミング治療法」があります。今回はこの「タイミング治療法」を受けながら、男女の産み分けは可能なのかという事について、下記にまとめてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

性別ができる仕組み

男女の産み分けを考える場合、どのようにして性別が分かれているのか、その仕組みを知らなければなりません。

妊娠が成立するためには、精子と卵子が結びつき受精卵となり、子宮内に着床するという過程が必要です。

精子にはX染色体を持つもの、Y染色体を持つものがあり、どちらの精子が卵子と授精するかによって男女の性別が分かれます。

卵子は精子とは違い、X染色体しか持ちません。

  • X染色体を持つ精子と卵子が受精すれば女の子(XX染色体)
  • Y染色体を持つ精子が授精すれば男の子(XY染色体)

が生まれるという事になります。

この2種類の精子には、それぞれ異なった特徴があることが分かっています。

そして、その特徴を利用すれば男女の産み分けは可能である、と言われています。下記にはその特徴と、実際の方法(性交渉の日程の取り方)について、まとめてみました。

2種類の精子の特徴と産み分けの方法

上記にて、精子にはX染色体を持つものと、Y染色体を持つものがあり、どちらが授精するかによって性別が決まると書きました。それぞれには異なった特徴・性質があり、それらを利用することによって産み分けは可能ではないかと考えられています。それぞれの精子は、下記のような特徴を有します。

X精子:酸性の状況に強く寿命はおよそ2~3日である。運動能力が低く、重量は重い。また、全体量がY精子よりも少ない。

Y精子:アルカリ性の状況に強く寿命は1日程度。運動能力が高く、重量は軽い。全体量はX精子よりも多く、およそ2倍ほど存在する。

それぞれの特徴を考慮すると、下記のような産み分け法が考えられるでしょう。

寿命の違いを利用する

X精子はY精子に比べて、長く生存することが可能です。排卵日が分かっていれば、その2~3日前に性交を持てば、Y精子はX精子よりも先に力尽き、体内にはX精子が多く生存している状況になります。

よって、女の子が生まれる確率が高くなるでしょう。

運動能力の違いを利用する

Y精子はX精子に比べて運動能力が高く全体量も多いため、排卵日当日に性交渉を持つことができれば、Y精子が有利となり、男の子が生まれる確率が高くなるでしょう。

その他にも膣内の㏗環境をコントロールして、産み分けにチャレンジすることもできます。

タイミング治療と産み分け法

それぞれの精子の特徴を活かした産み分け法があることが分かった訳ですが、チャレンジするためには正確に排卵日が予測できなければなりません。

⇒ タイミング法の成功確率をアップする基礎体温の取り方

タイミング法とは、女性の排卵日を予測し、そこに合わせて性交渉を持ち授精・妊娠の確率を高める方法です。

排卵日は基礎体温からだいたいの予測をすることが可能ですが、正確ではありません。

病院でのタイミング治療法では、超音波エコーを用い卵胞のチェックを行うことで、正確に排卵日を予測することが可能です。

排卵日が特定できるのであれば、上記の様な産み分けの方法にもチャレンジすることができます。

しかし、男女の産み分け方法はもちろん100%ではありません。日本において現段階では、100%の産み分けは不可能です(体外受精では可能であるが、実施を認められていないため)。

あくまで、「希望する性別の赤ちゃんが授かればいいな」程度のスタンスで臨むべきです。不妊治療をはじめることになると、結果が出るまでにどのくらいの期間を要するのか、そもそも結果が出ないこともあります。

授かる赤ちゃんに対して、性別の希望はだれにでもあるとは思いますが、まずは治療が上手くいく事が大事です。あまり性別や産み分けにこだわらず、おおらかな気持ちで臨みたいものです。

⇒ 人工授精で男の子・女の子の産み分けは可能?