タイミング法 薬

不妊治療では、治療を行ってみて初めて知る薬剤の使用が多々あります。また不妊治療の段階によって、その段階でしか使わないもの、すべての段階で使用するもの、さまざまです。

私は過去に5年間の不妊治療を経験してきましたが、5年の間に一度転院しています。最初の病院では、タイミング法と人工授精を経験し、次の病院では体外受精を経験しました。

どちらの病院も患者数が多く、こちらが質問しない限り医師が薬剤の説明を細かくしてくれることはありませんでした(もちろんすべての病院がそうではないと思いますが)。

その薬がなんのために処方されて、どんな効果があるのか、ちゃんと把握してから服用することが大事なのではないかと思います。そこで今回はタイミング法において、よく使用されている(私も使用した)薬剤について、その効果効能をまとめてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

排卵誘発剤

不妊治療でも初期の段階からよく処方される薬の一つに、排卵誘発剤・クロミッドがあります。無排卵の方や、排卵があってもタイミングがうまくとれない方、原因がはっきりしない不妊症患者に処方されます。通常、生理開始後3日目から服用を開始し、5日間ほど服用を続けます。

個人の症状、排卵の程度などに合わせて服用量は変わってきます(私は排卵が決まってあったので、半錠~1錠でした)。効果として、クロミッドの成分が排卵をコントロールする脳の視床下部に働きかけ、排卵を誘発してくれます。

また、服用しない場合に比べて、卵胞の発育が良い(卵胞が大きく育つ、優良な卵胞が育つ)とも言われています。排卵障害が原因での不妊患者にとっては、有効な手段となりそうですが、副作用も存在します。長期での服用を続けることで、子宮内膜が薄くなることがあるそうです。

また、複数個の卵胞が卵巣で育つことがあり、その結果卵巣が腫れたり、肥大することがあります。服用後、少しでも不快な症状を感じた場合は、そのままにせず医師等に相談してください。

HMG・HCG注射

不妊治療においては、必要に応じて注射を受けますが、その中でも良く使用されているのがHMG・HCG注射です。

ともに筋肉注射のため、薬剤注入時に結構な痛みを伴います。HMG・HCG注射は単独でも使われますが、一緒に使われることも多い薬です。

HMG注射

HMGとは、ヒト閉経ゴナドトロピンと呼ばれるホルモンの一種です。上記クロミッド同様、排卵誘発剤として使用されています。HMGは卵巣に働きかけ、卵胞を育てる効果があります。通常生理開始後3か目から使用し、7~10日ほど卵胞のチェックをしながら投与を続けます。

効果の継続が1日と短いので、毎日投与する必要があります。卵胞の成長が足りない時に、1~2回ほどの短い投与を受けることもあります。クロミッドよりも排卵の効果が高いため、クロミッドで効果がなかった場合などに使用されることが多いようです。

HCG注射

HCGとは、ヒト絨毛性ゴナドトロピンと呼ばれるホルモンの一種です。HMGが卵胞を育てるのに対し、HCGは排卵を促す効果があります。そのため一緒に使われることが多く、HMGで卵胞を十分に育て、HCGで排卵させる、というHMG・HCG法という治療があります。

HCGは単独でも使用されることが多い薬で、HCGを投与してから24~36時間後に排卵が起こることから、タイミング法では良く使われています。また、排卵後に投与することで、受精卵の着床に関わる黄体ホルモンの分泌を補ってくれる効果があります。

⇒ HCG注射後のタイミング法はいつが最適?

黄体ホルモン補充薬

排卵後、着床を助ける薬、高温期を継続させる薬、などと言われて処方された薬がありました。私が処方されたものは「ルトラール」と言う飲み薬で、黄体ホルモンを補充する薬です。

こちらも不妊治療では良く処方される薬の一つです。卵巣で育った卵胞から卵子が放出されて排卵が起こり、排卵後に卵胞は黄体という組織に変化します。

この黄体から分泌されるのが黄体ホルモンで、黄体ホルモンには子宮内膜を分厚くして着床し易い状態を作ってくれたり、高温期を維持させる効果があります。黄体ホルモンが足りないと、黄体機能不全となり月経が乱れて不妊の原因になったりします。

個人の症状に合わせて量を調整し、排卵後から10日間ほど服用します。服用中は生理が始まることはなく、高温期が継続し、服用をやめると妊娠が成立していない場合、数日後に生理が始まります。

タイミング法で良く使われる薬、注射についてまとめてみました。不妊検査の結果、原因がはっきりしているものに関しては、その都度それに対する薬剤の処方があるはずです。自分が使用することになる薬がどんなものなのか、どんな効果、効能、副作用があるのか、きちんと理解して利用することが大事です。

⇒ タイミング法に使われるルトラールの効果や副作用は?服用タイミングは?