タイミング法 流産率

妊娠が判明するととても嬉しい反面、さまざまなところで変化が起こり、不安や心配事も増えるものです。妊娠中の心配事の一つに「流産」のことがあるのではないでしょうか。

私は不妊治療の末に妊娠できたのですが、安定期に入るまでの間、検診のたびに流産の兆候が出ていないか、いつも心配で不安でした。

流産は妊娠を望んでいる人にとって、とても悲しい出来事のうちの一つです。できることならば経験せずに、妊娠・出産を迎えたいものです。

不妊治療をしているのであれば、その想いはなおさらだと思います。今回は不妊治療の最初のステップであるタイミング治療法について、タイミング治療法と流産の関係について考察してみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

流産とは?確率や原因は?

流産とはなんらかの原因で、妊娠22週以内に妊娠が継続できなくなってしまうことを言います。全妊婦さんのうち、およそ15%の妊婦さんが流産を経験すると言われています。

この数値を見ると、誰に起こってもおかしくないという事がわかると思います。原因の多くは、赤ちゃんの染色体の異常に起因しており、初期の流産は防ぐことはできません。

また、一般的に流産になる確率は年齢と共に高くなっていくことがわかっており、30代後半では約20%、40代では約40%程度の確率で流産が起こると言われています。

先ほど原因の多くに染色体異常の問題があると書きましたが、母体の年齢が上がるほどに染色体異常の確率も上がることが分かっています。どの妊婦さんにも起こりうることではありますが、35歳以上での妊娠では、その確率がぐっと上がってしまうことを念頭に入れておかなければいけません。

タイミング法と流産の関係は?

不妊治療においてほとんどの人が一番最初に受けることになるのが、タイミング治療法です。タイミング法とは、女性の排卵日を予測し、その日に合わせて性交渉を持つことで、妊娠の確率を高める方法です。

妊娠が成立するためには、精子と卵子がタイミングよく出会う事が不可欠です。そのためには排卵日を正確に予測し、性交渉を持つことが重要です。

不妊治療の病院では、超音波検査にて卵胞のチェックを行うため、正確に排卵日を予測することができます。排卵日が特定できれば、性交渉を持つ日程を指示してくれますので、妊娠率にも期待ができるでしょう。

ではタイミング治療を行った場合の流産率は、どのくらいになるでしょうか?病院にて行われるタイミング治療とは、確率の高い性交渉の日程を教えてくれるだけで、自然に妊娠に至る場合と変わりがありません。そのため、流産率も変わらないか、もしくは少し高くなるでしょう。

これは治療を受けたせいで流産率が上がるという意味ではありません。上記にて触れたように、母体の年齢が上がるほど流産率も上がることが分かっています。不妊治療を始める人たちは30代以上の方たちが多く、そのため治療を行っている人たちでは流産率が少し高くなっているように数字が出てしまいます。

タイミング法での流産、少しでも確率を下げることは可能か?

流産には、年齢的な要素が大きく関わっていることがわかりました。不妊とは「健康な男女が2年間、避妊をせずに普通に夫婦生活を持ち、妊娠に至らない状態」とされています。

不妊治療を行うには、最初の一歩を踏み出すのに勇気がいります。「まだ自分たちでできることがあるんじゃないか」とか、「まさか自分が不妊であるはずがない」等の気持ちがあるからです。かつての私もそうでした。

不妊を疑ってからもなかなかすぐには病院に行けず、今になって思えば貴重な時間を無駄にしてしまいした。不妊治療は長くかかることが多く、努力に対して結果がついてこないことも多い治療になります。年齢と共に、妊娠率は落ち、流産率は上がってきます。

先ほど書いたように、タイミング治療法は自然に妊娠に至る場合と変わりがありません。そのため、流産率を下げる効果的な方法は、なるべく早い(若い)段階で不妊の検査を受け、適切な治療を受ける、という事になるのではないでしょうか。

もちろん年齢だけが原因になるわけではありませんが、どんな疾患、病変が潜んでいるのかは、検査を受けてみなければわからないのです。妊娠を望んでおり、少しでも不妊の疑いを持っているのであれば、まずは検査だけでも受けてみることをお勧めします。

⇒ タイミング法をする前に行う検査まとめ!検査で何がわかる?