タイミング法 テルロン

不妊には原因がはっきりしているものと、そうでないものがあります。不妊の原因として知られているものに、「高プロラクチン血症」と言うものがあります。

なかなか妊娠できずに病院で検査を受けてみたら、高プロラクチン血症が原因で不妊になっていたということもあります。この高プロラクチン血症の患者に良く使われる薬の一種に、「テルロン」という薬があります。今回はこのテルロンについて、効果や効能、副作用、服用のタイミングなどについて下記にまとめてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

高プロラクチン血症とは?どんな症状が出る?

テルロンが処方される疾患として、「高プロラクチン血症」というものがあります。この「プロラクチン」とは、脳下垂体から分泌される、産後に向けた体を作るためのホルモンの一種です。

出産後、女性の体は母乳が出るようになったり、体力回復のためすぐに妊娠しないように、排卵が抑制されたりします。それらはこの、プロラクチンの作用によるものです。

非妊娠時に血中のプロラクチンの濃度が30ng/mlを超えるような場合に、高プロラクチン血症と診断されます。高プロラクチン血症になると、出産後と同様な状態になるため、妊娠していないのに母乳が出たり、排卵が起こらなかったり、生理不順になったりと、不妊の原因となり得ます。

また、着床障害の原因にもなっていると言われています。生理不順や無排卵などの症状は、他の原因でも起こり得ますので気づきにくいところが有るのかも知れませんが、なかなか妊娠できずにいるのであれば、高プロラクチン血症を疑ってみて検査を受けてみる必要があるかもしれません。

テルロンとは?効果や副作用は?

不妊の原因になり得る高プロラクチン血症ですが、改善する方法はあるのでしょうか。高プロラクチン血症では、血中のプロラクチン濃度が産後の様な高濃度な状態になるために、上記の様な様々な症状を引き起こしますので、このプロラクチンの分泌を制御する必要があります。

プロラクチンの過剰な分泌を抑えるのに使われる薬が「テルロン」です。テルロンは中枢神経系に作用する薬で、プロラクチン過剰分泌による排卵障害、乳汁漏出症などに効果があります。そして主な副作用としては、頭痛、倦怠感、便秘、悪心、吐気、眠気、ふらつき、発疹などが報告されています。

テルロンは対高プロラクチン血症の薬としては比較的副作用の少ない薬と言われていますが、服用を経験した人の中では、何かしらの副作用を感じていることが多いようです。

そのほとんどは程度が軽く、また服用を続けることで慣れてくることもあるようです。しかし、いつまでたっても慣れない、副作用の症状が重いといった場合は使用を中止し、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

テルロンを処方された、服用のタイミングは?

検査の結果、高プロラクチン血症と診断された場合、症状の改善と妊娠を目指すのであればテルロンが処方されることも少なくありません。このテルロンの服用について、服用タイミングや服用の方法について気を付けることはあるのでしょうか。

上記の通り、テルロンは過剰なプロラクチンの分泌を抑えるための薬なので、高プロラクチン血症と診断された日から毎日服用することとなります。症状の程度によって容量は変わることがありますが、1日2回、1回一錠を毎日服用することになるでしょう。

定期的に血中のプロラクチンの濃度を確認し、正常値になれば服用をやめることもありますが、多くの場合、服用の中止と共にプロラクチン濃度が上がり、不妊や生理不順に陥ります。

そのため基本的には妊娠するまで服用を続け、妊娠が確認できた後も症状や経過を観察し、個人の状態に合わせていつまで服用を続けるか(妊娠確認後すぐに中止する場合もあれば、数週間は継続する場合もある)が判断されます。

また、妊娠中にテルロンなどの対高プロラクチン血症薬の服用が原因で、赤ちゃんに影響が出るようなことは報告されていないとのことです。

対高プロラクチン血症薬による治療では、副作用に慣れるまでの間に服用を断念してしまう人も少なからずいます。しかし妊娠を目指すためには、プロラクチン値の改善が必要であるため、医師に相談し、違う薬の処方をしてもらうなどの対策が必要かも知れません。