タイミング法 クロミッド

「クロミッド」という名前の薬を、聞いたことがあるでしょうか?クロミッドとは、排卵誘発剤の一種で、不妊治療をしている人にとってはとても馴染みのある薬の一つではないでしょうか。

過去、私が不妊治療を受けている時も、クロミッドの処方がなされ、タイミング治療中のほとんどの周期で服用していました。最初の頃は何のために服用するのか、きちんと理解しないまま、処方されるがままに服用していました。

どんな薬であれ、体内に入れるのであれば、きちんとその効果や副作用などを理解した上で服用するべきです。そこで今回は、クロミッドの効果・効能や副作用、服用のタイミングについてまとめました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

クロミッドとは?どんな薬?

不妊治療において、良く使われている薬のうちの一つが排卵誘発剤「クロミッド」です。比較的副作用も少なく、服用の仕方も簡単な事から使用頻度の高いクロミッドですが、いったいどのような薬なのでしょうか?クロミッドは主に「排卵障害」がある患者に処方される薬です。

月経周期が正常に来ていれば女性は月に一度、排卵日を迎え卵巣から排卵が起こります。

しかし、何らかの原因で排卵が起こらないことや、排卵に非常に時間がかかることがあります。こういった症状は排卵障害と言われ、不妊の原因となり得ます。妊娠が成立するためには、精子と卵子がタイミングよく出会わなければなりませんが、排卵障害を持っている人では、排卵が無い、もしくは排卵のタイミングが読めないために、授精することが難しくなってきます。

こういった排卵障害を持っている人に良く処方される排卵誘発剤の一種がクロミッドです。

クロミッドを使用することによって、排卵を起こさせたり、排卵の時期をコントロールすることが可能になってきます。ただし排卵障害を持つすべての人に効果が有る訳では無く、クロミッドで排卵が起こらない場合は、ほかの方法で排卵を起こさせることもあります。

タイミング法での服用の時期は?

上記にてクロミッドは、排卵障害を持つ人に処方される薬であると書きました。私は過去にタイミング治療を受けていましたが、排卵障害については特に問題がありませんでした。しかし、毎周期クロミッドを処方されていました。クロミッドには、排卵を起こさせる効果は先述の通りですが、それ以外にも優良な卵胞を育てる効果があるそうです。

また、クロミッドを服用したほうが妊娠率が高いと言ったデータもあるため、排卵障害がなくても処方されるケースがあるようです。不妊治療の病院にて受けるタイミング治療法では、超音波検査にて卵胞の発育具合をチェックし、排卵日を特定してくれます。

このタイミング治療におけるクロミッドの服用の時期について、主に月経開始3日目から5日間ほど服用します。個人の症状の程度に合わせて、服用の量は変わってきます。月経中は低温期であり、低温期中に卵巣内で卵胞が複数個育っていきます。クロミッドを服用すると、多数の優良卵胞が育ちます。また、非服用時よりも卵胞が大きく育つ傾向にあると言われています。

クロミッド、副作用はある?

排卵障害に効果が有り、妊娠率にも期待が持てるクロミッドですが、何点か気を付けなければならない副作用があります。

子宮内膜への影響

受精卵が子宮に着床するためには、ある程度の子宮内膜の厚みがなければなりません。クロミッドは長期的に使用をしていると、子宮内膜を薄くしてしまうという作用が報告されています。そのため使用期間には注意が必要です。

多胎妊娠

クロミッドを服用することで、多くの優良卵胞が育ちます。通常は主席卵胞(一番良く育った卵胞)からのみ排卵が起こりますが、クロミッドを使用すると、1~3個ほどの卵胞から排卵が起こることがあります。その結果、双子、三つ子と言った多胎妊娠を引き起こす可能性があります。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

クロミッドの服用で卵巣内に多くの卵胞が育つことで、OHSSを引き起こす可能性があります。OHSSになると卵巣内の卵胞が過剰に刺激され、卵巣が腫れあがることで、さまざまな症状が現れます。ほとんどが軽傷の場合が多いのですが、下腹部の鈍痛や腹水と言った症状がみられます。

使用頻度が高く、よく処方されるクロミッドですが、上記のような副作用があることを頭の中に入れ、注意事項や用法・容量を守り正しく服用しなければなりません。使用に関して不安や疑問がある時は、医師や薬剤師にきちんと確認するべきでしょう。