薬剤師の女性と薬局、処方薬のイラストセット

女性の体では、月に一度排卵が起こり、その時にタイミング良く授精することで、妊娠が成立するのですが、何らかの理由で排卵が遅れたり、排卵自体が起こらなかったりする場合があります。それらを総称して「排卵障害」と言いますが、排卵障害は不妊の原因になり得ます。

排卵障害に対して不妊治療を行う場合、「排卵誘発剤」と呼ばれる薬が処方されることがあります。排卵誘発剤にはいろいろな種類がありますが、その中でも今回は「セロフェン」と言う排卵誘発剤について、効果や副作用など、気になる事をまとめてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

排卵誘発剤とは?セロフェンの効果について

妊娠が成立するためには、女性の体内で排卵が起こり、卵子が放出され、精子とタイミング良く出会い、授精、着床するという過程が必要です。妊娠するまでには、上記のように様々な過程があり、そのすべての過程が上手くいかなければ妊娠に至ることはできません。

その過程の最初の段階とも言える「排卵」の部分で問題が生じることがあり、それらは「排卵障害」と称され、不妊の原因としても知られています。通常、正常な生理周期を持っている人であれば、毎月ほぼ決まった周期にて排卵が起こります。しかし何らかの原因で、排卵が早くなったり、あるいは遅くなったり、または、排卵自体が起こらなかったりする場合があります。

こういった排卵障害に対して効果があるのが、「排卵誘発剤」と言われる薬です。セロフェンは排卵誘発剤の一種であり、卵胞を育てる効果があります。女性の体内では、左右の卵巣にて複数個の卵胞が排卵に向けて育ち、一番よく育った卵胞からのみ卵子が放出されます(排卵されます)。セロフェンは卵胞の成長を促す効果があるため、その結果として排卵が起こることになります。

セロフェンとクロミッドの違い

不妊治療においては、排卵誘発剤は良く使われる薬の一つです。排卵を起こさせる目的以外にも、排卵の時期をコントロールするためや、良い卵胞を育てるために処方されることもあります。

排卵誘発剤としてよく知られているのは、セロフェンよりもクロミッドと言う薬かも知れません。どちらも排卵誘発剤なのですが、どういった理由で使い分けがされているのでしょうか?

クロミッドもセロフェンも、共に複数の成分が配合された薬ですが、どちらも「クロミフェン」と言われる成分が主成分となっています。これらの薬は販売される製薬会社によって、呼び名・名称が違ったものになっていますが、効果や効能に大きな差はなく、同じ目的で使用されます。

ただ、配合されている成分は多少なりと異なっていますので、どちらかで効果がなければ、もう一方を試す、といった使い分けがされているようです。多少の配合の違いによって、その人に合う、合わない、といったことがあるのかもしれません。

⇒ タイミング法で使われるクロミッドの効果・副作用は?服用タイミングは?

セロフェンの副作用とは?

上記でも触れたとおり排卵誘発剤は、排卵を起こさせる以外にも、良質な卵胞を育てるために処方されることもあるため、排卵障害が無い人にも不妊治療において処方されることはあります。

比較的副作用も少なく、安全に使用できる薬ではありますが、下記の様な副作用が報告されているようです。頭痛、発疹、精神変調、食欲不振、吐気、むくみ、疲労感、口渇などです。

また、発生頻度は少ないものの、気を付けなければならない副作用に、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)があります。排卵誘発剤には複数の優良な卵胞を育てる作用があり、その結果、卵巣内で多数の卵胞が大きく育つことになり、卵巣が腫れてしまうことがあります。

OHSSになると、下腹部が張ったり、吐気、下腹部痛などの症状がでてきます。こういった症状が出た場合には、服用を中止し、医師に相談し、その後の指示を仰ぐようにして下さい。

また、1周期(ひと月)に一つの卵子が排卵されることが通常ですが、薬の影響により、多数の卵子が排卵される事があります。その結果、多胎妊娠をする可能性が考えられます。発生頻度は少ないものの、上記の様な副作用が起こる可能性を理解した上で、服用する必要があります。