太ってしまう原因

婦人科系の疾患に、よく処方される漢方薬の1つに「当帰芍薬散」というものがあります。当帰芍薬散は、医師に処方してもらう以外に、薬局等でも市販されているため、自己の判断で購入して服用することもできます

しかし、薬である以上、副作用が起こる可能性があることも理解しておかなければいけません。ここでは、当帰芍薬散の主な副作用と、服用によってどのような効果、効能があるのかをまとめてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

当帰芍薬散とは?どんな薬?

婦人科系疾患において、良く処方される漢方薬の一つが当帰芍薬散です。漢方薬には一般的に即効性が無く、効き目が緩やかなので、効果がでるまで気長に続けていく必要があります。下記に当帰芍薬散を服用することによって改善が期待できる内容について、まとめてみました。

  • 妊娠中:むくみ、貧血、下腹部痛、動悸
  • 妊娠しにくい人:冷え、貧血、倦怠感
  • 月経周期のトラブル:月経痛、周期の乱れ、冷え
  • 更年期:めまい、頭痛、疲労感、貧血、冷え、動悸

上記のような症状がある場合は、当帰芍薬散を服用することで、改善が期待されます。ただし、漢方薬は個人個人の体質に合わせて処方、服用するものなので、上記のような症状があっても、当帰芍薬散が合わない人もいます。

服用に対して不安があれば、医師や専門家に指示を仰ぐ事をお勧めします。

漢方薬はたいてい顆粒で処方されることが多いのですが、種類によっては苦かったり、不味かったりと、服用し辛いものがあります。当帰芍薬散は服用時に特別に飲みづらいと感じる味ではありませんので、比較的続けやすい漢方薬だと思います。

不妊治療や月経トラブルに効果はある?

この当帰芍薬散という漢方薬、私は不妊治療の経験者ですが、不妊治療中から妊娠中、出産後まで処方され、服用を続けていました(途中服用を中止した期間もありました)。

と言うのも、当帰芍薬散は、婦人科系疾患に広く効果があると言われているからです。当帰芍薬散に配合されている生薬の効果の中には、血行を良くして貧血を改善するしたり、生理痛などの痛みを和らげる作用が知られています。

また、当帰芍薬散にはホルモンバランスを整えたり、血流の改善作用、排卵促進や、子宮への作用なども認められているそうです。昨今では、不妊に悩む方がとても多くなっていますが、不妊治療の一環としても当帰芍薬散は利用されています。

不妊には様々な原因がありますが、月経トラブルもその内の一つでしょう。

月経トラブルを改善することで、妊娠に近づくことにもなります。また、冷え性であったり、血流や血行が悪いといった人は妊娠し辛い傾向にあります。こういった方が当帰芍薬散を服用することによって、冷え、血流、血行、月経トラブルが改善され、妊娠に繋がることになります。全ての不妊や月経トラブルの原因に効くという訳ではありませんが、「妊娠し易い体作り」という点で、体質改善においては一定の効果があるのではないでしょうか。

当帰芍薬散の副作用とは?太ることがある?

漢方薬を服用する場合、市販されているものを服用する場合と、医師の処方の元、服用する場合があると思います。漢方薬は効き目が緩やかである分、副作用は少ないとされていますが、個人の体質によって合う、合わないが当然出てきます。ですので、なるべく自己判断での服用は避け、医師や専門家の判断の元、自分に合ったものを服用するべきです。

また、漢方薬は同じ名前であっても、販売する会社によって配合されている薬が変わってくることがありますので、こちらにも注意が必要です。当帰芍薬散を服用すると、「太る」というのを聞いた事があるかも知れません。

当帰芍薬散は、虚弱体質の人に処方される漢方薬です。虚弱体質の人の中には食の細い人も居ると思いますが、漢方薬の服用効果により、体質が改善されて体調が良くなり、食欲が増進して、結果、体重が増加することがあるかもしれません。しかしそれは、副作用ではなく、健康的になったと捉えるべきかもしれません。

私自身、虚弱体質と診断され、当帰芍薬散を服用していましたが、もともと食が細いわけではなかったからかもしれませんが、太る、と言う事はありませんでした。誰にでも当てはまる訳ではなく、個人差があるとみて良いでしょう。

その他の副作用としては、食欲不振、吐き気、下痢などが報告されているようです。服用することで「太る」かも知れないという心配はありますが、効果や効能をきちんと理解し、体質改善を目指すのであれば、続けて服用してみる価値はありそうです。