精子 トランクス

不妊症や不妊治療と聞くと、漠然と「女性の病気、女性がするもの」という風に思っていないでしょうか?現在の日本において、不妊治療に通う夫婦はとても多くなっていますが、不妊の原因は様々で、その約半数は男性由来のものとなっています。

男性不妊の現状については、まだまだ知らない人も多く、女性に比べると積極的に妊活を行う男性は少ないかもしれません。

男性不妊の原因は、精子に関するものがほとんどですが、普段身に付ける下着によって、男性不妊の予防ができるかもしれない、と言うことを知っているでしょうか?ここでは、すぐに実践できる男性不妊対策について書いてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

男性不妊の現状

不妊治療を扱っている病院を覗いてみると、本当に多くの患者が居ることに驚きます。現在の日本において、6~7組に1組は何らかの不妊要素を持っている、などと言われています。「不妊症」と聞くと女性の問題であるという風に思われがちですが、約半数は男性由来の原因というのが現状です。

男性女性共に、加齢によって妊娠力・妊娠率は落ちてきます。しかし現在の日本では晩婚化などの影響で、子供が欲しいと考える年齢は、30代後半であったり40代に入ってからなど、どんどん高齢になってきています。

加齢の影響は、肉体的・体力的な低下だけでなく、精子の授精力の低下にも関わってきます。と言うのも、男性不妊の原因のほとんどは、精子の数や運動率、奇形率など、精子に起因するものだからです。

加齢やその他の生活習慣などによって、精子の質(運動率や奇形率や数、量)は低下すると言われています。不妊を女性だけの問題と言う風にとらえていると、男性不妊を見逃してしまいがちです。不妊は「夫婦の問題」と言う風に考え、2人で一緒に検査・治療を進めていくことが妊娠への近道となるでしょう。

精子の性質

男性の不妊検査と言うと、精液検査が一番最初に行われる一般的なものになります。精液検査では、精子の授精力を調べるために精液を採取して、精子の量・数、運動率、奇形率などを調べます。

精子は女性の卵子とは違い、どんどん新しいものが精巣にて作られているのですが、とてもデリケートで外的要因に影響を受けやすくなっています。一度の精液検査にて、例えば運動率が悪かったとしても、生活習慣(アルコールの摂取を控える、煙草をやめる、など)を改善することによって、数値が良くなることがあるそうです。

男性が妊活や精子の質の向上を考えるなら、食生活を見直す、適度な運動をする、ストレスを貯めこまない、など、普段の生活から気を付けることで改善できることはありそうです。

精液検査を受けたことがある人、もしくは人工授精などで精液を採取したことがある人であれば、精液を病院に持ち込む際の温度管理について注意を受けたことがあるかも知れません。

精子の特徴の一つとして、精子は「熱に弱い」という性質を持っています。ある一定の時間、高熱にさらされると死滅すると言われており、そのため精液検査などでは熱くなりすぎないよう人肌程度の温度で持参するようにと指示されるのです。男性不妊の原因の一つである精子の質について考えるのであれば、外的要因の改善や精巣の温度環境などについて見直す必要があるかも知れません。

⇒ 人工授精当日の精液採取時間は?何時間前がベスト?

下着よって不妊対策ができる?

ある統計によると、現代の男性の精子数は、一昔前の男性の精子数の半数であるというデータがあるそうです。また精子の運動率に関しても、昔に比べて30%ほど低くなっているそうです。

上記でも触れましたが、精子というのはとてもデリケートにできていて、外的要因の影響を受けやすくできています。現代人の生活は、食生活の乱れ、ストレス社会、生活環境の悪化等、精子にとって悪影響を及ぼす要因が多いように感じます。男性不妊について対策を考えるのであれば、健康的でストレスフリーな生活をするよう努めるべきです。

もっとも簡単な男性不妊対策の一つに、下着の種類の選択があります。と言うのも、上述にて書いたように精子は熱に弱いという特徴を持っています。

最近の男性下着の主流は、トランクスやブリーフであると思いますが、より熱がこもらず通気性が良いのは、トランクスの形状ではないでしょうか?昔の日本人男性の下着と言えばふんどしですが、現代の男性下着よりも通気性の面では良いと思われ、こういった下着の変化も精子の質に関与している可能性はあるのではないでしょうか。

明確なデータが有る訳ではありませんが、今すぐ簡単に実行できる男性不妊対策として、ブリーフ派の人であればトランクスに変更するなど、下着の種類を変えてみるというのもやってみる価値はありそうです。