子宮筋腫

40代の女性の3割弱が発症すると言われている、「子宮筋腫」という病気をどれくらいの人が知っているでしょうか。名前は聞いたことがあっても、どんな病気で、どのような症状が出るのか、詳しくは知らない、という人も多いと思います。

子宮筋腫とは、子宮内にできる腫瘍の事を言いますが、実は気付いていないだけで、成人女性のおよそ3割が何かしらの腫瘍を子宮に持っていると言われています。

この子宮筋腫について、放っておくとどうなるのか、どんな病気なのか、気になる症状等について下記にまとめてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

子宮筋腫とは?どんな病気?

子宮は厚い筋肉の壁でできた袋状の構造をしており、妊娠、出産時にはその筋肉が収縮をすることで、赤ちゃんを外に押し出しています。子宮を形成する筋肉を平滑筋と言い、その細胞が増殖してできる良性の腫瘍の事を子宮筋腫と言います。

筋腫はできる場所によって粘膜下筋腫、筋層内筋腫、漿膜下筋腫の3つに分けられます。筋腫が出来るのは一個とは限らず、複数個が同時に出来ることもあります。また、筋腫が成長する(大きくなる)スピードには個人差があるため、大きいものでは10キロに達する事もあります。

前述の通り、良性の腫瘍であるため見つかっても何も処置を施さない事も多く、また、閉経後には自然と縮小していく事がわかっているため、筋腫を持っていたことに気付かないままの人もいます

良性の腫瘍ではありますが、痛みなどの不快な症状が出ることはないのでしょうか?気になる症状について、次項でまとめてみました。

初期症状は?自覚症状はある?

子宮筋腫は大きさに関わらず、自覚症状がほとんど無いのが特徴です。そのため、発見されないまま大きくなっていることもしばしばあります。

自分で何かしらの症状を疑って検査をすると言うよりも、子宮がん検診などの検査等で偶然見つかると言ったケースが多いようです。

私自身、子宮筋腫を切除する手術を受けた経験があります。大きさは親指大ほどで、不妊治療中のエコー検査にて偶然見つかりました。これと言った自覚症状は無く、あるとすれば生理時に経血の塊が良く出ていた事くらいでしょうか。

日常生活などでは、痛みや違和感を感じたことは全くありませんでした。一般的に良く言われている症状としては、月経痛、貧血、経血量の増加、下腹部痛などです。

筋腫が出来る場所によっても症状は変わってくるようで、一番症状が重く出るのは粘膜下筋腫です。粘膜下筋腫は子宮内膜に出来る筋腫で、発症率は低いものの、不正出血、過多月経、強い月経痛、貧血、動悸や息切れと言った症状を呈します。

発症頻度が一番高い筋腫は、筋層内筋腫と呼ばれる筋腫で、子宮壁を形成する筋肉の中で成長していきます。筋腫が小さいときはほとんど症状を感じることはありませんが、大きくなると子宮の形が変形し、頻尿や便秘、下腹部痛、腰痛などを引き起こします。

子宮筋腫を放っておくとどうなる?

上述の通り、ほとんどが良性の腫瘍であること、また、症状がほとんど出ないことが多く閉経後には自然と縮小することから、気付かないまま長い年月が経っていることもあります。筋腫が見つかれば、出来た場所や症状の有無によって、経過観察のみで何も処置を施さない事もしばしばです。

しかし、子宮筋腫は不妊の原因になり得ます。子宮内に筋腫ができると、受精卵の着床の妨げになる事が有り、そういった場合には、出来た場所によっては積極的に切除、除去する対象となります。

また、子宮筋腫は稀に子宮肉腫(子宮内に出来る悪性の腫瘍)と判別がつかないことがあるため、切除しない場合は定期的な観察が必要になります。基本的には筋腫が見つかっても、経過観察のみで特に治療が必要になることはありませんが、症状が強く出ている場合や、不妊の原因として考えられる場合には、外科的処置、手術の対象となります。

筋腫の出来た場所や大きさによりますが、切除術のみであれば簡単な手術で処置ができるため、日帰り手術も可能です。子宮筋腫は、出来た場所、症状の有無、妊娠を望んでいるか等によって、処置が変わってきます。

子宮筋腫が見つかっても、ほとんどの場合は良性の腫瘍であることを理解し、慌てずどういった処置をするのか、しっかり医師と相談することが大事です。

⇒ 子宮筋腫持ちでも妊娠・出産は可能か?