副作用

不妊治療において、排卵をコントロールすることはとても重要になってきます。排卵をコントロールする薬を、排卵誘発剤と言い、使途、用途によって使い分けがなされ、いくつも種類があります。

排卵誘発剤には、服用するもの、注射で投与するもの、変わったところでは点鼻薬として使用するもの、などがあります。

今回はその点鼻薬として使用される排卵誘発剤「ブセレキュア」について、どういった場合に使われるのか、また、使用していて副作用や危険性はないのか、など不妊治療中の方が気になる事を調べてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

ブセレキュアとは?どんな薬?

女性の体では月に一度、決まった周期で排卵が起こります。しかし何らかの原因で、排卵が遅れたり、または排卵が起こらなかったりする事があります。これらは「排卵障害」と言われ、不妊の原因にもなります。

こういった排卵障害に効果を発揮するのが、排卵誘発剤です。排卵誘発剤は、個人の症状に合わせて、数種ある中から選ばれて処方される訳ですが、一般的な使用方法としては、優良な卵胞を育て排卵を促す目的で使用されます。

無排卵の人であれば、排卵を起こさせる効果が期待できます。排卵誘発剤の種類は、不妊治療の段階によっても使い分けがなされます。体外受精ではたくさんの優良な卵胞を育て採卵するために、排卵を制御することがあります。そういった時に良く使われるのが、ブセレキュアです。

ブセレキュアはもともと、子宮内膜症や子宮筋腫のために開発された薬です。

子宮内膜症や子宮筋腫は、女性ホルモンの分泌を抑えることが治療に繋がるのですが、ブセレキュアを使用すると一時的に卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)の分泌が増加します。

体内では、急に増えた女性ホルモンを抑えようとする働きが起こります。この「抑える働き」を起こさせるために、敢えて女性ホルモンの分泌を促すのがブセレキュアです。ではこのような働きをするブセレキュアをどういった時に、どのように使用するのでしょうか、下記にまとめてみました。

どういった場合に使用する?

ブセレキュアには、不妊治療において主に2通りの使い方があります。

一つ目は長期的に継続して使用することで排卵を制御し、その間に卵胞を成熟させるホルモン剤を投与して、多くの良質な卵胞を育てる時に使用します。

二つ目は単発的に使用して、排卵を促す時に使用します。ブセレキュアはその使い方によって、全く逆の効果(排卵制御と排卵誘発)を発揮します。

そのため、ブセレキュアの使用にはどちらの目的で使用するのか十分理解し、使用方法を間違えないようにしなければなりません。処方される際には、一日に何回、何時に点鼻するように、など細かく指示がされます。

初めて使う時は、使用方法に戸惑うこともあるかもしれません。不明な点はきちんと確認するようにしましょう。ブセレキュアを排卵を促す目的で使用する場合、使用してからおよそ36時間後に排卵が起こるため、点鼻する時間には十分注意しなければいけません

薬の使用自体はとても簡単ですが、時間や回数にとても意味のある薬なので、間違えのないよう十分気をつける必要があります。

副作用や危険性はある?

上記で述べた通り、ブセレキュアには2通りの使い方があります。単発的に排卵誘発を目的に使う場合であれば、副作用は特に心配することはありません。

しかし排卵を抑制する目的で、長期的に使用する場合は注意が必要です。ブセレキュアを継続して使用することで、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が抑えられます。

そのことによって、脱毛や胸の張り、ほてりなどが生じることがあります。

その他にも稀ではありますが、怖い副作用としてアナフィラキシー症、うつ症状、肝機能障害、狭心症、不正出血などが起こる可能性があります。

特に危険なのはアナフィラキシーを発症した場合で、アナフィラキシーの症状にはじんましん、赤身、痒み、息苦しさ、咳、くしゃみ、目のかゆみ、唇の腫れなどがあり、これらは短時間で複合で起こります。

アナフィラキシーによって、血圧の低下や意識障害などを引き起こした場合、命の危険に繋がることもあります。少しでも違和感を感じたり、体調の変化を感じた場合は、使用を中止して医師に相談し、指示を仰ぐようにして下さい。