子宮筋腫

男性、女性の身体にはそれぞれ特有の臓器があり、またそれらには男女特有の病気があります。女性で言えば、子宮がんや卵巣嚢腫などがそれらに当たります。女性特有の病気の中でも、比較的良く耳にする病気の1つに「子宮筋腫」があります。

名前は聞いたことがあり、なんとなくどういった病気なのか理解している、という人も多いかもしれません。しかし、いざ自分が子宮筋腫になってしまったという場合、どんな治療をするのか、手術は必要なのか、など気になることはたくさん出てきます。

実は30代以上の女性の2~3割は持っていると言われる子宮筋腫!その治療方法や手術の必要性など、疑問点を調べてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

子宮筋腫とは?どんな病気?

通常、成人女性の子宮の大きさは鶏の卵くらいで、子宮は平滑筋という筋肉でできています。子宮筋腫とは、子宮を構成している筋肉から発生した、良性の腫瘍です。

腫瘍は時間の経過とともに、徐々に大きくなっていきますが、そのスピードには個人差があります。たいていの場合、自覚症状を伴わない事が多く、偶然見つかるといったケースがほとんどです。

筋腫の出来た場所や大きさによっては、さまざまな症状を引き起こします。良く言われている症状としては、生理時に血の塊が混じる、比較的強い生理痛、経血量が多い、などです。

経血量が多くなるとその分、貧血や立ちくらみといった症状も出てきますので、日常生活において注意が必要です。

また、筋腫の大きさによっては骨盤近くの臓器を圧迫し、下腹部の不快感、腰痛、頻尿などの症状を引き起こすこともあります。

良性の腫瘍であるため、特に症状が無い場合は経過観察のみで積極的に治療することはあまりしません。しかし、子宮筋腫は不妊の原因になり得ます。

妊娠の希望がある場合、筋腫のできた場所や大きさによっては医師と相談し、治療を進めて行くことになるでしょう。下記に子宮筋腫の具体的な治療方法についてまとめてみました。

子宮筋腫の治療方法!

子宮筋腫は、できた場所や症状の有無、妊娠の希望や年齢などの条件を考慮して治療法が変わってきます。上記の通り特に症状がない場合には、積極的に治療を行う事はないようです。

また子宮筋腫は女性ホルモンであるエストロゲンの影響を受けて成長するため、閉経後は自然に縮小、消失していきます。

治療の必要性がある場合は主に、症状を緩和する治療法と手術による治療法があります。

症状を緩和する治療法では、痛みを和らげるために鎮痛剤が処方されたり、筋腫の成長を止めるためにアゴニスト(スプレキュアやリュープリンなど、人工的に閉経状態を作る薬)が処方されたりします。

手術による治療では、筋腫のみを摘出する「筋腫核出術」と、子宮自体を取り出す「子宮全摘術」があります。妊娠の希望がある場合には、筋腫核出術が行われることになります。

どちらの手術も何通りかの方法があり、個人の状態によって手術方法が決められます。下記に子宮筋腫の手術方法について、どういったものがあるのかまとめてみました。

手術の方法とは?入院は?費用は?

子宮筋腫の手術法には筋腫のみを摘出する筋腫核出術と、子宮自体を取り出す子宮全摘術がありますが、それぞれにも何通りかの手術法があります。下記に主な手術の方法と、入院日数や費用についてまとめました。

腹腔鏡下手術:0.5~1センチ程度の小切開を2~4か所ほど行い、内視鏡を挿入し筋腫もしくは子宮の摘出を行います。傷跡は小さく治りも早いため、早期の社会復帰が望めます。入院日数は1週間程度です。費用は40~50万円ほどですが健康保険が適用されるため、3割負担となります。

開腹手術:腹部を10~15センチほど切開し、筋腫もしくは子宮の摘出を行います。腹腔鏡下手術に比べ痛みが強く切開も大きいため、入院期間も2週間程度と長く、社会復帰には1か月程度かかるでしょう。費用は健康保険が適用され、3割負担で20万円程度必要になるでしょう。

子宮鏡下術:膣からカメラを挿入し、子宮鏡と電気メスを用いて筋腫を切除します。筋腫核出術にのみ対応する手術法です。尚、切開の必要はなく、手術自体も1時間ほどで終了します。術後に痛みはほとんど感じず、日帰りで手術を受けることも可能です。費用は健康保険が適用され、3割負担で10万円程度です。

筋腫のみの摘出なのか、子宮全摘出なのか、また、個人の状況によって選択される手術方法は変わってきますが、近年では開腹術が行われることは少なく、腹腔鏡下、子宮鏡下術などの低侵襲での術式のため、体への負担も少なく、早期の社会復帰も望めるようです。

子宮筋腫の治療を考える場合、将来の妊娠の希望の有無や症状の有無など、個人の状況に合わせた治療法を医師と相談して選択することが必要になってくるでしょう。