卵子凍結保存

現在の日本では、晩婚化、晩産化が進み、35歳以上で初産を向かえる、いわゆる高齢出産がとても多くなっています。一般的に、年齢が高くなると、妊娠や出産には条件的に不利となり、40代での妊娠、出産の確率は5%程度ともいわれています。

高齢での妊娠や出産が不利になる理由には、女性の卵子の質が大いに関係しています。不妊治療のひとつである体外授精を実施する場合には、受精卵をある程度まで培養してから凍結し、解凍してから子宮に戻すという方法がとられています。

当然、卵子や精子を凍結保存することも可能で、少しでも状態の良い卵子を使うことで妊娠、出産の可能性が上がるのであれば、若い頃に卵子を凍結保存しておいて、子供を産みたくなったころに、その凍結しておいた卵子を利用して妊娠する事も可能なのではないでしょうか?

もし可能であれば、デメリットや危険性などはないのでしょうか?気になることをまとめてみました。

40代での妊娠率

年齢を重ねると、妊娠率や出産率がどんどん下降していくことは、良く知られている事だと思います。そこには卵子の質、卵子の老化などが大きく関わっています。女性が持っている卵子の総数は、生まれた時が最大数であり、そこからは減る一方で、男性の精子のように新しく作られるということはありません。

体内に存在している卵子は、女性の成長、年齢と共に加齢していきます。そして、老化した卵子は若い卵子に比べて、授精能力が衰えており、そのために年齢を重ねると妊娠率が低くなることになります。

統計では、20代から30代前半の妊娠率は約25~30%、30代後半では約20%、40代に入るとおよそ5%まで下がってしまいます。この数字からもわかるように、子供を望むのであれば、少しでも若い時に何らかのアクションを起こしておいた方が賢明かも知れません。

凍結卵子での妊娠、出産は?

上述にて、妊娠率には卵子の質が大きく関わっていると書きました。昨今の日本では、女性の社会進出などの影響により、晩婚化、晩産化が進み、ある程度年齢を重ねた頃に子供を望むことも少なくありません。

しかしその頃には年齢的な問題などで、中々簡単には子宝に恵まれないといった状況があります。妊娠率に卵子の質や若さが関係するのであれば、年齢が若い頃に卵子を採取、凍結保存しておき、子供を望む頃にその卵子を利用して妊娠・出産することは可能でしょうか?

現在、将来の妊娠・出産に備えて、実際に卵子の凍結保存を実行している人も居るようです。卵子の凍結は、体外授精での受精卵の凍結と同じように、複数の卵子を育て、採卵してから未授精のまま凍結保存します。

凍結卵子を利用して妊娠を望む場合は、解凍した卵子を精子と授精させ、体外授精を行うことになります。受精卵が出来れば子宮への移植を行い、着床すれば妊娠・出産ももちろん可能です。

ただし、卵子の凍結保存を行っている病院はまだ少なく、保存期間や移植の年齢制限を設けているところもあります。もし卵子の凍結保存を考えているのであれば、条件等を細かく確認し、自分に合った病院を探す必要があるでしょう。

凍結卵子での妊娠、出産にデメリットはある?

現在の技術を持ってすれば凍結した卵子を用いて、妊娠・出産することは、可能なことです。少しでも若い時に卵子を採取、保存しておけば、40代での妊娠・出産も可能でしょう。

しかし、妊娠率に卵子の質や若さが関係しているとは言え、着床する子宮の状態も無視する事は出来ません。いくら若い卵子を使っても、母体の状態が良くなければ、やはり難しくなってくるでしょう。

また凍結卵子での体外授精には、下記のようなデメリットがある事も頭に入れておかなければいけません。

金銭的な負担

卵子を採取、凍結するためには、体外授精と同じように採卵後の凍結保存が必要になります。病院によって金額は変わってきますが、保険は適用されず全額自己負担で、30~50万円ほどの金額がかかるでしょう(病院によってはさらに高額になることもあります)。

採卵時の危険性

一度にたくさんの卵子を採取するため、卵子を複数育ててから採卵する事になります。たくさんの卵子が卵巣で育つため、卵巣が腫れ卵巣過剰刺激症候群になる危険性があります。

妊娠率低下の懸念

凍結卵子での妊娠・出産は可能ですし、若い卵子を使う事に関しては、老化した卵子を使うよりも有利に働くでしょう。

しかし、卵子の凍結保存では、受精卵を保存する訳では無く、解凍した卵子を授精させなければなりません。解凍後の卵子の生存率や、解凍卵子の授精率などを考えると、その後の妊娠率は決して高くは無く、通常の体外授精での妊娠率よりも下がってしまうこともあるでしょう。

40代での凍結卵子を使っての妊娠と出産について考えてみました。若い時の卵子を使用できることは、40代での自然妊娠に比べ有利な点(授精率や染色体異常の確率)はありますが、卵子を採取する際の金銭的な負担や体への負担、また、凍結卵子使用時の妊娠率を考えると良い事ばかりではありません。メリット、デメリットを再度良く考え、自分の将来にとって最善の選択をしたいものです。