個人輸入は危険

現在の日本において、「不妊」という悩みを抱えている人たちは大変多くなっています。私も不妊や不妊治療を経験した中の一人です。現在不妊の悩みを抱えている夫婦は6~7組に1組とも言われ、不妊治療の病院は患者で溢れかえっています。

不妊の原因は様々ありますが、女性だけの問題ではなく、男性が原因の不妊も増えているのが現状です。男性不妊の1つとして「ED(勃起不全)」があります。その特効薬として数年前に「バイアグラ」が話題になったのを、覚えている人も多いかもしれません。

現在では、バイアグラの他にも、レビトラ、シアリスと言った薬が販売、処方されています。その中でもシアリスは、近年ED治療において最も売れている治療薬のようです。今回はこのシアリスという薬について、気になる事を調べてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

EDとは?どういう病気?

近年、日本人男性の不妊の原因として増えているのがED(勃起不全)です。EDと聞くと、ある程度年齢を重ねた、高齢の男性に現れる症状のように思ってしまいますが、最近では若年層にも患者数が増えているようです。

EDとは、「十分な勃起が得られないか、または維持できないために満足な性行為を行えない状態」と定義されます。

EDになってしまう原因としては、以下のような事が言われています。

  • 加齢による性的機能の衰え
  • 食生活の乱れ
  • ストレス社会
  • タバコやアルコールなど嗜好品の過剰摂取

などです。

食生活、ストレス、嗜好品などに関しては、日々注意して生活することで症状の改善に繋がるのであれば、すぐにでも実行に移したいところです。また、加齢に関してはどうしようもないと思われがちですが、血流を良くすることで改善が期待出来ます。

勃起が起こるためには、血流の流れが重要となります。加齢により動脈硬化などを起こし、血流が悪くなるとEDを加速し兼ねません。動脈硬化を予防、改善することが、EDの予防、改善にも繋がるのです。

少しでもEDの疑いがある場合は(妊娠の計画がある時は特に)自分で出来ることをやってみて、改善がされない場合には、不妊の原因にもなり得ることを理解して、早めに病院にかかる事をお勧めします。

バイアグラとシアリスの違い!

EDの特効薬としてバイアグラが話題となったのも、もう10年以上前のことです。まだまだEDという病名の認知度も低く、当時は不妊との関係性も特には言われていなかったと記憶しています。EDに関して、現在の日本では悩んでいる人も多く、治療薬にも大変関心が集まっているでしょう。

現在でもEDに対してバイアグラは処方されているようですが、その他にもシアリスという治療薬が使われる事が多いようです。どちらもEDの治療薬ですが、どういった違いがあるのでしょうか、下記にまとめてみました。

バイアグラ

ファイザー製薬が開発した、世界初のED治療薬です。バイアグラの有効成分はシルデナフィルという物質で、もともとは狭心症の薬として開発されていたものです。

シルデナフィルが血管内の平滑筋を拡張し、血流が増えることで勃起を起こさせます。食事やアルコールの影響で効果が出にくくなることがあるため、飲食や飲酒と服用のタイミングが大事です。

効果が出るまでに30分~1時間ほどかかります。また、持続時間は3~5時間ほどです。

シアリス

イーライリリーという製薬会社が製造しており、日本では2007年から販売が開始されています。シアリスの主成分は、タダラフィルという物質で、タダラフィルには勃起を抑制する酵素、PDE5を阻害する作用があり、摂取することで自然な勃起が望めます。

飲食や飲酒の影響をさほど受けないので、決まった間隔さえ空ければいつ服用しても問題ありません。性行為の1時間くらい前に摂取するのが普通で、服用の容量によって、24~36時間効果が持続します。

有効成分が違うため、効果の出方や効き方、持続時間などに違いがあるようです。効き目が緩やかで、より自然な状態での持続時間が長いシアリスは、近年バイアグラよりも人気になっています。また食事やアルコールの影響も受けにくく、副作用が少ないことも、シアリスが人気になっている要素です。

シアリスは個人輸入できる?危険性は?

ED治療薬は基本的に、健康保険適用外です。そのため、シアリスは病院で処方されても高価になってきます。

現在、シアリスの購入方法には2通りあります。

1つ目は病院やクリニックに通って、処方してもらう方法です。シアリスは医療用の医薬品であるため、コンビニやドラッグストアなどで購入することは出来ず、医師の診察を受け処方してもらう必要があります。

2つ目は海外サイトから、個人的に購入(輸入)する方法です。前述の通り、シアリスは高価なので、安価に手に入れたい人が海外サイトを利用する事が多いようです。

しかし海外サイトを利用する場合、日本語の表記ではないため購入方法が分かりづらかったり、習慣の違いなどによりトラブルが発生する可能性があります。また、海外サイトやインターネットを利用して購入する際に一番気をつけなければならないのは、偽造品が送られてくる可能性です。

あるデータでは、インターネット経由で購入したED治療薬の6割ほどが偽物だったそうです。医薬品の購入では、偽造品が送られて来た場合、それを服用することによって命が危険にさらされる事も考えられます。

シアリスは比較的副作用も少なく、利用し易い薬ではありますが、併用してはいけない薬や既往歴によっては服用できない事もあるのです。偽物が送られてくる可能性、トラブルが発生する可能性、併用による危険性などを考えれば、病院やクリニック等で処方されたものを利用する方が安心でしょう。

もし海外サイトを利用する場合は、上記の様な危険性を十分理解し、口コミや評価などを確認し、少しでも信頼できるサイトを利用するべきでしょう。