チョコレート嚢胞

女性特有の病気として良く知られているものの一つに、「子宮内膜症」があります。子宮内膜症とは、通常、子宮の内部にしか存在しない子宮内膜の組織が、卵巣や卵管など、子宮以外の部位に出来ることによって起こる病気です。

その中でも、卵巣に出来るものを、「チョコレート嚢胞」と言います。この「チョコレート嚢胞」、名前の響きから連想するような甘いものではありません。

放っておくと大変危険なチョコレート嚢胞について、症状や治療法など、注意すべき事を書いてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

チョコレート嚢胞とは?どんな病気?

女性特有の病気の1つとして、「子宮内膜症」の名前を知っている人は多いかもしれません。子宮内膜症は通常、子宮の内部にしか出来ない子宮内膜の組織が、他部位に出来てしまう病気ですが、骨盤内にできることがほとんどで、腹膜、卵巣などに出来ることがあります。

変わったところでは、膀胱、直腸、肺、皮膚などにもできることがあるようです。 チョコレート嚢胞は、子宮内膜症の一種であり、卵巣内に出来るものを言います。

女性の生理というのは、子宮内膜が剝がれ落ち、排出される事で起こります。チョコレート嚢胞では、卵巣内に出来た子宮内膜が月経時に剝がれ落ちて嚢胞をつくり、卵巣内で大きくなっていきます。

溜まった出血は卵巣内で古くなり、茶色でドロドロしているため、「チョコレート」と言う名前が付けられたようです。チョコレート嚢胞は放っておくと出血がどんどん溜まり、最悪の場合、卵巣が破裂することもあります。

また、チョコレート嚢胞自体はほとんどが良性の腫瘍ですが、一部は悪性化して卵巣がんを引き起こすケースもあるそうです。

破裂や癌に至らなくとも、チョコレート嚢胞は不妊の原因にもなるため、見つかった場合は積極的に治療していかなければならない病気の一つでしょう。

気になる症状は?

不妊の原因にもなり、卵巣がんのきっかけにもなり得る、怖いチョコレート嚢胞ですが、下記の様な症状がある方は注意が必要かもしれません。

まず良く言われており感じとりやすい症状は、「強い月経痛」でしょう。月経痛は多かれ少なかれ感じている人がほとんどですが、「どんどん痛みが増してきている」と言う場合に注意が必要です。

月経痛以外のところでは、排便時に下腹部に痛みがあったり、性交時に痛みが出ることもあります。

また、一見関係なさそうですが、骨盤や腰に痛みが出ることもあるようです。これらの痛みがどんどん強くなるようであれば、一度婦人科を受診した方が良いかもしれません。

子宮筋腫などど違い、チョコレート嚢胞では自覚症状が比較的強く、はっきりと感じられるはずです。婦人科を受診するのは少し勇気が必要かもしれませんが、早期発見のためにも、上記のような症状を感じた場合は早めに受診した方が賢明でしょう。

こちらもチェック⇒ 自宅でできる子宮内膜症のチェック診断方法!病院で検査をする前に

チョコレート嚢胞の治療法

上記のような症状があり、チョコレート嚢胞が疑われた場合、内診や超音波検査、MRI、血液検査(腫瘍マーカー)などが行われます。

検査の結果や、妊娠の希望の有無、年齢等を考慮してその後の治療法が決められます。基本的に直径5センチ以上の嚢胞が見つかった場合は、手術によって摘出される場合が多いようです。

手術にも、チョコレート嚢胞だけを摘出する場合と、卵巣全体を摘出する場合があります。チョコレート嚢胞は縮小や消失することはほとんど無く、むしろ悪化することの方が多いため、患者の年齢が40歳を過ぎていて妊娠・出産の希望が無い場合には、卵巣の全摘出が勧められるようです。

嚢胞のサイズが小さく症状もあまり出ていない場合や、妊娠を望む人などの場合は、痛み止めが処方されたり低用量ピルが処方されたりします。

これら薬物治療は、根治を目指している訳ではなく、症状の軽減であったり、病気の進行を食い止める目的で行われます。子宮内膜症は再発することがあります。手術にて嚢胞を摘出しても、術後5年間でおよそ30%ほど再発のリスクがあるそうです。

妊娠を望む場合は、術後早期の計画が必要になるでしょう。チョコレート嚢胞の治療法では手術以外の選択肢もありますが、妊娠の希望がなく、再発のリスクも考えるのであれば、手術が最善の治療法と言えるのではないでしょうか。