漢方薬

子供が欲しいけど婦人科に通うのはちょっと抵抗がある、あるいは、体調や体質を整えて妊娠し易い身体を作りたい、などといった場合、比較的取り入れ易いのは漢方を使った妊活でしょう。不妊治療の病院では通常の治療に加えて、漢方を処方しているところもあります。

漢方薬は効き目が緩やかである分、即効性はありませんが身体に優しいのが特徴です。不妊治療をする上で、漢方治療を取り入れている人も多いでしょう。

不妊治療で良く使われている漢方の一つに、加味逍遙散という薬があります。婦人科系の疾患において良く耳にする漢方と言えば、当帰芍薬散ですが、加味逍遙散はどのように不妊に効くのでしょうか。

また、服用することで何かしらの副作用はあるのでしょうか、服用するにあたって気になることを調べてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

漢方薬は不妊に効く?

現在の日本では不妊に悩む人がとても多く、6~7組に1組の割合で不妊治療をしているとも言われています。実際に、不妊治療を扱う病院では患者がとても多く、待合室は人で溢れかえっています!

不妊治療を始めるにはまず、原因を調べるための検査を行い、原因が特定されれば、それに対応した治療を行うことになります。特にこれと言った原因が無い場合には、タイミング療法から治療をスタートし、人工授精、体外受精とステップアップしていきます。

こういった治療を行うのは、最初は病院に行くのも勇気が要りますし、中々治療に前向きに取り組めないかも知れません。または、中々子供が出来ないけれど、不妊治療をするまでではない、と考えている人もいるかも知れません。

そう言った場合に、比較的手軽に取り組める妊活、不妊治療が漢方薬を使った治療ではないでしょうか。西洋医学的に明らかに疾患がある場合は、それに対応した治療を行わなければなりません。

しかし不妊の原因となり得るのは、体の機能的な疾患だけではありません。例えば身体の冷えやストレスによる体調不良、月経不順などは、不妊の原因になり得ます。

漢方薬はそういった体の不調を整えて、健康な体、妊娠し易い体を作る助けになってくれます。

今すぐに!という訳ではなくとも、将来的に子供を考えているが体調面で不安がある、という人は漢方薬を利用して妊活や、妊娠し易い身体作りを始めるのも良い方法だと思います。

加味逍遙散の不妊への効果!

不妊治療において良く処方される漢方薬の一つに、当帰芍薬散があります。当帰芍薬散は婦人科系疾患に広く対応した漢方薬なので、名前を知っている人、服用した事がある人も多いかもしれません。

それならば私も当帰芍薬散で良いのでは?と思ってしまうところですが、誰にでも効果がある訳ではありません。漢方薬は個人の体質に合わせて処方されるので、当帰芍薬散が合わない人ももちろん居るのです。

不妊に効果があると言われている漢方薬は当帰芍薬散だけではなく、加味逍遙散もその内の一つです。

不妊の原因には、ホルモンバランスの乱れが関係していることも多くあります。妊娠に必要な二つの女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)を分泌するのは卵巣という臓器ですが、ホルモンを出すように命令するのは、脳の視床下部です。

そのため、ストレス等により脳がダメージを受けると、卵巣への命令がスムーズに行えずホルモンバランスに乱れが生じることがあります。その結果、月経不順や排卵障害といった不妊の原因につながっていく事になります。

加味逍遙散は精神を安定させ、血液循環を良くするといった効果のある漢方薬であるため、そういったストレスから来るホルモンバランスの乱れ等に効果を発揮します。

その他、加味逍遙散の適応症には、生理不順、頭痛、生理痛、便秘、冷え性、更年期障害、自律神経失調症などがあります。

加味逍遙散は虚弱体質の人に合う漢方薬となっています。ドラッグストアなどで簡単に手に入るため誰でも服用する事ができますが、体質の見極めは難しいため、できる限り自己での判断は避け病院や薬局などで自分に合った漢方薬を処方してもらう方が良いでしょう。

加味逍遙散の副作用とは?

漢方薬は緩やかな効き目で、身体にあまり負担のかからない優しい薬ですが、全く副作用がない訳ではありません。たいていの漢方薬は、数種類の生薬の組み合わせで出来ています。食べ物によるアレルギーがあるように、生薬によっては体質に合わなければアレルギーを起こすものがあるかもしれません。

人によっては、発心、じんましん、鼻炎、咳、下痢などのアレルギー症状が出る可能性があります。

また加味逍遙散には甘草という生薬が配合されており、甘草は大量に摂取すると、偽アルドステロン症を引き起こす恐れがあります。

偽アルドステロン症を発病すると、血圧の上昇、むくみ、手足に力が入らない、手足がしびれるなどの症状を呈します。指示された服用量を守っていればまず問題ありませんが、上記のような症状が出た場合は服用を中止し、医師等に指示を仰いでください。

また、不妊に効果のある加味逍遙散ですが、妊娠中の服用には注意が必要です。加味逍遥散に含まれている牡丹皮には、子宮を収縮させる作用があるそうです。妊娠初期の子宮収縮は、流産を引き起こす可能性があります。

大量でなければまず問題無いと言われていますが、妊娠がわかった時点ですぐに服用は中止した方が良さそうです。ホルモンバランスを整え血行を良くし、妊娠し易い体を作る手助けをしてくれる加味逍遙散ですが、自己判断で用法用量を間違って摂取してしまうと、体調を崩したり、最悪の場合流産という悲しい結果を招いてしまわないとも限りません。

加味逍遥散は用法容量を守って正しく利用すれば、必要以上に副作用を心配する必要もなく、妊活や不妊の強い味方となってくれそうです。