赤ちゃんの自然流産

「流産」という言葉の響きは、とても悲しい事として感じる人の方が大半であると思いますが、中には望まない妊娠をしてしまい、残念ながら流産することを期待している、という人もいるでしょう。

望まない妊娠をしてしまった場合、まず考えるのは人工中絶という方法だと思います。人工中絶では、病院に行って人工的に妊娠を終了させるための手術を受けなければなりません。それには費用もかかりますし、未成年の場合であれば親の同意も必要になってきます。

例えば何かしらの方法をすることによって、自然に流産出来るとしたら…?

費用もかからなければ、他人に妊娠した事を知られる事さえ無いかも知れません。実際にはそんな方法はあるのでしょうか?あるとすればどんな方法なのか、危険などはないのか、下記に調べてまとめてみました。

流産するということ

「流産」とは、妊娠22週未満までに、妊娠が何らかの理由で終わってしまうことをいいます。

流産と名のつくものには、切迫流産、進行流産、稽留流産、完全流産、不完全流産、化学流産があり、そのうちの切迫流産とは、「流産してしまいそうな状況」の事を言い、唯一、何らかの処置を行うことで食い止める事ができる可能性のある状態です。

それ以外の流産は、妊娠の終了を食い止める事は出来ず、どういった状態で流産が進むか、流産後の状態などで名前が分けられています。

流産は始まってしまうと止める手立ては無く、腹痛や大量の出血を伴いながら子宮内の妊娠組織が体外に排出されます。

全てがきれいに排出され、腹痛や出血も収まるれば特別な処置は必要ありませんが、少しでも子宮内に妊娠組織が残った場合は、人工中絶と同じように子宮内をきれいにする手術(搔爬手術)を受ける必要があります。

上記流産の中でも、化学流産については他の流産とは少し違います。化学流産では、着床はしたものの妊娠継続が出来ず流れてしまい、そのまま生理が起こるため、妊娠したことに気付かないこともあるくらいの極々初期の流産です。

化学流産では特別な処置は必要なく、通常の月経周期と同様に過ごして問題ありません。

上記のように流産には種類があり、病院にかかる必要がなく、誰にも気付かれず(自然に)流産できる可能性があるのは、化学流産か完全流産(子宮内の妊娠組織が全て体外に流れ出た状態)だけですが、果たしてそれらを意図的に起こす方法はあるのでしょうか?次項にてまとめてみました。

これをしたら流産する?

現在の日本では不妊に悩む人が多く、不妊治療をしている人たちも大変多くなっています。

もちろん妊娠を望んでいる人たちにとってみれば、流産は経験したくない、避けたい出来事の一つであり、流産を防ぐために様々な努力をしていることでしょう。

では、なぜ流産は起こってしまうのでしょうか?

ほとんどの流産の原因は、胎児側の染色体異常などであり、避けられない起こるべくして起こっている事象です。母体側が原因となって起こる流産は、実はそれほど多くはありません。それでは、流産を防ぐ方法として言われている事と逆のことをすれば、流産する(できる)のでしょうか?

流産防止のために出来ること、やっていることといえば 、体を冷やさないこと、激しい運動をしないこと、転ばないこと(お腹を打たないこと)、禁煙や禁酒などです。

これらを流産したいがために逆に行ったとして、本当に流産するでしょうか?赤ちゃんとお母さんの結びつきは思った以上に強く、ちょっとやそっとの事では流産に繋がることはありません。

だからと言って高いところから落ちてみたり、お腹を殴ってみたり、といった行為は赤ちゃんだけでなく母体も危険に晒すことになりかねません。こういった行為は、流産を引き起こす可能性はありますが、確実ではないばかりか、とても危険な行為です。

残念ながら、「確実に安全に自然流産をする方法は無い」と言わざるを得ないでしょう。

望まない妊娠をしない方法

「確実に自然流産する方法」は無くとも、「望まない妊娠をしない方法」はあります。コンドームなどを使った避妊はもちろんのこと、行為の後であっても妊娠の可能性を限りなく小さくする事は出来ます。

それは中用量ピルを利用する方法です。確実に流産する方法が無い限り、これが望まない妊娠を避ける最後の手段と言っていいでしょう。緊急避妊薬の中用量ピルはアフターピルと呼ばれ、女性ホルモンのバランスを急激に変化させる薬です。

卵子と精子が受精して、子宮に着床するまでの期間は約7日間ほどです。着床すると妊娠が成立したことになりますが、アフターピルを服用すると、女性ホルモンのバランスを変化させ、排卵が起こらないようにしたり、着床を阻害する効果があります。

アフターピルは早く飲めば早く飲むほど高い避妊効果が得られ、遅くとも72時間以内に服用しなければなりません。

なんの避妊もせずに性行為をした場合の妊娠率は20〜30%程であり、アフターピルを服用した場合の避妊率は80%ほどですので、かなり高い確率で望まない妊娠を避ける事が出来そうです。

とは言え、アフターピルは薬ですので副作用を起こす心配があります。また、健康保険が適用されないので自費での対応となります。上記の通り行為後の早めの服用が必要となりますが、どこの病院でも取り扱っているわけではありませんので服用する可能性が少しでもあるならば、事前に用意しておくのも良い方法かも知れません。

女性は望まない妊娠をしてしまったら(または妊娠する可能性が有る場合は)確実に自然流産する方法は存在せず、中絶手術を受ける(またはアフターピルを服用する)しか安全な方法はありません

どちらにしても傷つくのは女性であり、苦しい想いをするのも女性です。できる限り避妊をしっかりと行い、自分自身の体を守らなければいけません。