フェマーラ 副作用

不妊治療をやっている、もしくはやっていたという人であれば、排卵誘発剤を使用したことのある人は多いはず。不妊治療に使われる薬はとても多いのですが、最も使用頻度が高いと言っても良いのが、排卵誘発剤ではないでしょうか。

排卵誘発剤と一口に言っても、その種類は様々。効き方、使用目的、個人の体質などによって、使い分けがなされます。排卵誘発剤の中にも使用頻度が高いもの、低いものがあり、また一般的には効き目が緩やかなものから処方がスタートして、効き目に応じて他の排卵誘発剤が処方されたりします。

効き目が緩やかなものは比較的副作用も少なく、効き目が高いものは副作用も出易い傾向にあります。そんな排卵誘発剤の一つに「フェマーラ」という薬がありますが、

フェマーラとはどんな薬で、どういった効果があるのでしょうか。また、危険な副作用などはあるのでしょうか。不妊治療において処方される可能性のあるフェマーラという薬について、効果や副作用について調べてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

フェマーラとは?どんな薬?

「フェマーラ」とは製薬会社の製品名であり、一般名は「レトロゾール」という薬です。不妊治療において、排卵誘発剤として処方されることのあるフェマーラですが、もともとは乳がんの治療薬として処方されている薬です。

では、なぜ乳がんの治療薬が不妊治療に使われているのでしょうか?乳がんなどの女性特有のがんには、女性ホルモンであるエストロゲンの存在の影響を受けて増殖するものがあります。このエストロゲンですが、女性の体内で作るためには、「アロマターゼ」という酵素が必要になります。

フェマーラには、このアロマターゼという酵素を阻害する効果があります。アロマターゼを阻害した結果、エストロゲンの減少に繋がるため、乳がんを抑制する効果があるのです。

そして、このフェマーラの「エストロゲンを減少させる」という効果が、不妊治療に利用されるようになりました。

一見女性ホルモンとして大事なエストロゲンを減少させると言うと、妊娠に対して不利に働くように思いますが、不妊に対してどのような効果があるのでしょうか。次項にてフェマーラの不妊への効果をまとめてみました。

フェマーラの不妊への効果

フェマーラは不妊治療において、排卵誘発剤として処方されることがあります。女性には月経があり、その月経のサイクルは2つの女性ホルモンのバランスにより正常に保たれています。

月経開始時(低温期)には、体内で卵胞ホルモンであるエストロゲンが分泌され始め、排卵を迎えるころにエストロゲンの分泌はピークになります。排卵が終わるとエストロゲンの分泌は減少し、代わりに黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が盛んになります。

この2つの女性ホルモンがバランスよく分泌されることで排卵や月経が正常に起こっている訳ですが、何らかの原因で女性ホルモンのバランスが乱れると、排卵が遅れたり、排卵自体が起こらなかったりすることがあります。

こういった状況を「排卵障害」と言い、排卵が起こらなければ授精することが難しくなるため、排卵障害は不妊の原因の一つになり得ます。

排卵誘発剤は排卵障害などに効果を発揮します。

上記にて、通常の排卵時のプロセスとして、排卵が終わるとエストロゲンの分泌が減少する、と書きました。フェマーラの排卵誘発剤としての利用は、ここの部分に着目しています。排卵が起こらない患者に対しフェマーラを投与し、人工的に体内にエストロゲンが少ない状態を作り、脳に「排卵が近い」という勘違いをさせるのです。

この勘違いをきっかけとして排卵が起こるため、排卵誘発剤として使用されるようになったのです。しかし排卵を起こさせるためとは言え、女性にとって大事なホルモンであるエストロゲンを人工的に抑制することに危険性はないのでしょうか?

下記にてフェマーラの副作用や危険性についてまとめてみました。

フェマーラの副作用!

排卵誘発剤には多くの種類があり、個人の体質などによっても効果に差が出てくることがあります。フェマーラは上記の様に、エストロゲンを抑制することによって排卵を誘発する効果を期待するものですが、服用することに危険性はないのでしょうか?

女性は閉経を迎えると、女性ホルモンの分泌が急速に減少していきますが、フェマーラを服用すると閉経後の更年期の様な症状が現れることがあります。

主な症状としては、体のほてり、頭痛、吐気、関節痛などです。その他にもまれではありますが重篤な副作用として、肝機能障害、脳梗塞、心筋梗塞、心不全などが報告されているようです。

このような重篤な副作用は滅多に現れることは無いようですが、服用後に違和感を感じた場合は使用を中止し、すぐに受診するなどの対応が必要です。

また、服用が長期化することになると、骨粗しょう症や骨折の恐れも出てきます。基本的に医師の指示の元、用法容量を守って服用していれば危険な副作用はなく、安全に利用できるでしょう。

もともとフェマーラは乳がんの治療薬であるので、不妊治療に対しては保険が適用されず、自費での治療となることも知っておかなければなりません。

乳がんの治療薬ということで、服用に対して不安があるかもしれませんが、他の排卵誘発剤では効果がなかったのに、フェマーラを服用したら妊娠できたという例もあるようです。

不妊治療において初めて使用する薬に対して、少しでも服用について不安があれば医師や薬剤師に相談し、薬効や副作用を納得した上で服用するべきでしょう。