副作用

不妊治療において、使用頻度の高い薬である排卵誘発剤。その種類は実は一つではなく、目的や用途に合わせて様々あります。排卵誘発剤は主に経口薬と注射に分かれますが、注射のほうが一般的に効果が高いと言われています。

注射で使用する排卵誘発剤の一つに、フォリスチムという薬があります。排卵誘発剤は数種類ある中から、個人の症状や体質に合わせて処方されるため、不妊治療をしている人であってもフォリスチムという名前を耳にした事がない人も居るかもしれません。

今回はこのフォリスチムについて、どういった特徴を持つ排卵誘発剤なのか、また使用する上で危険な副作用などはないのか、気になる点を調べてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

排卵誘発剤、経口薬と注射の違い

排卵誘発剤と一口に言ってもその種類は様々で、まずは経口薬なのか、注射なのかで大きく分かれます。排卵誘発剤とは、卵巣で質の良い卵胞を複数育てて、排卵を起こさせ易くする薬です。

排卵が起こるためには、まず脳からの命令により卵胞刺激ホルモン(FSH)が分泌される必要があります。分泌された卵胞刺激ホルモンが卵巣に働きかけることで、卵胞が育ち、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が促され、卵胞が成熟し排卵が起こります。

経口薬の排卵誘発剤は脳に作用し、卵胞刺激ホルモンを分泌するよう働くのに対し、注射の排卵誘発剤はFSH剤を注射することで直接卵巣に働きかけます。

脳を介さず直接卵巣に作用するため、排卵誘発剤の効果としては経口薬よりも強いものが期待できます。

基本的には、より効き目が緩やかな経口薬を試してみて、効果が薄いまたは、効果が見られない場合に注射の排卵誘発剤が使用される事が多いようです。

注射での排卵誘発剤にも種類があり、その内の一つがフォリスチムです。そのフォリスチムについて、どんな特徴を持った排卵誘発剤であるのか、次項にてまとめてみました。

フォリスチムとは?どんな薬?

排卵誘発剤には経口薬と注射があり、注射の方がより効き目が高いものであることがわかりました。フォリスチムはそんな、注射の排卵誘発剤の一つですが、どのような特徴を持つ薬なのでしょうか。

注射の排卵誘発剤にも種類があり、その種類は大きくFSH製剤とhMG製剤に分かれます。

FSH製剤とは、人工的に作られた卵胞刺激ホルモンのみで構成された排卵誘発剤で、注射することで体内の卵胞刺激ホルモンの量を増やし、良質な卵胞を育てます。

一方hMG製剤は、FSHの他に黄体形成ホルモン(LH)を含んでいます。卵胞刺激ホルモンが良質な卵胞を育てる効果があるのに対し、黄体形成ホルモンには排卵を促す作用があります。

フォリスチムは卵胞刺激ホルモンのみを含むFSH製剤です。

良質な卵胞を育てた上で、排卵まで促すのがhMG製剤ですが、FSH製剤は良質な卵胞の成長を促すことが最大の作用です。

個人の体質に合わせて、または治療の内容によって数ある中からどんな排卵誘発剤を使うのかが決められる訳ですが、フォリスチムは無排卵の治療や体外受精の採卵時に使われることが多いようです。

フォリスチムは注射での治療なので、卵胞を育てるためには連日注射を打ち続ける必要があります。しかし毎日通院することが難しい場合には、自分で皮下注射を打つことで対応も出来るようです。

フォリスチムの副作用とは?危険性はある?

フォリスチムは排卵誘発剤の中でも経口薬のような効き目が緩やかなものとは違い、直接卵巣に働きかける効き目の高いものです。経口薬では効き目が無かった人にも、排卵効果の期待が持てます。

しかし効果が高い分、副作用も経口薬より強く出る懸念があります。

フォリスチムはFSH製剤であり、多くの良質な卵胞を育てる事に長けた薬です。フォリスチムを投与すると、体内の卵胞刺激ホルモンが増加してたくさんの卵胞が育ちます。

通常であれば左右の卵巣で1~2個の卵胞が育つところ、フォリスチムなどの排卵誘発剤を投与すると複数の卵胞が大きく成長することで卵巣が腫れてしまうことがあります。

これは卵巣過剰刺激症候群(OHSS)という状態であり、症状として下腹部の張り感や痛み、重症化してくると、吐き気や嘔吐、呼吸困難などを引き起こします。軽度であれば特に治療を要しませんが、重症化した場合には入院して治療をする必要があります。

フォリスチムなどの注射での排卵誘発剤投与では、経口薬に比べOHSSを発症し易いと言われています。投与後に違和感を感じたり、上記症状を感じた場合は一度医師と相談した方が良いでしょう。

薬である以上、少なからず副作用の心配はあるものの、医師の指示を守り、不快な症状が出た場合はそのままにせず受診するなどの対応をすれば、フォリスチムは排卵効果が高く、不妊治療にとって強い味方となってくれそうです。