子宮内膜症

最近では、女性有名人がメディアなどで、不妊や女性特有の病気になっていることを公表したりする事も増えてきました。そのため、そう言った病気があることを知る人も、ひと昔前に比べて増えた様に思います。

以前、ある女性芸能人が子宮内膜症で闘病中と言うニュースを見た事があります。実はその時まで子宮内膜症という病気について知識が無かったため、決して稀な病気ではなく、成人女性なら誰が発症してもおかしくない病気であることを知りませんでした。

名前は知っていても、どういった病気で、どのような症状が出るものなのか、詳しくは知らないという人も居るかも知れません。稀な病気ではない以上、自覚症状をチェックすることで子宮内膜症の早期発見に繋がるのであれば、確認しておきたいところです。

今回は女性なら誰もが発症する可能性のある子宮内膜症という病気について、色々と調べてみました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

子宮内膜症とは?どんな病気?

女性は通常であれば月に一度、月経がやってきます。月経とは、妊娠に備えて子宮の内側で厚みを増した子宮内膜(組織)が、妊娠が成立しなかった場合、不必要な物として剥がれ落ちる現象です。

剥がれ落ちた内膜は、経血となって体外に排出されます。妊娠するためには、子宮内膜が厚くなる事が重要ですが、この子宮内膜の組織が子宮以外の部位で増殖することがあり、それが子宮内膜症です。

子宮内膜症では、通常の月経サイクルに合わせて、子宮以外の部位に出来た内膜組織も増殖し、月経と同時に剥がれ落ちるということを繰り返します。月経血のように出口がないため、内膜症の出血はどんどん溜まっていき、その部分が血腫となったり、臓器に癒着を起こすこ原因にもなり得ます。

その結果、痛みなどの不快な症状をもたらすことになるのです。

子宮内膜症は、出来た部位によっては不妊の原因となったり、ガンを引き起こす元になる事もある怖い病気です。しかし、子宮内膜症自体は悪性の病気ではないため、程度が軽かったり、症状の有無によっては経過観察のみで積極的に治療することはあまりないかも知れません。

子宮内膜症は比較的自覚症状を感じ易い病気です。悪性ではないにしろ、早期に発見し把握しておくことはとても大事です。以下に「こんな症状があれば子宮内膜症かも!」というチェック項目をまとめてみました。

こんな自覚症状があれば、子宮内膜症かも!?セルフチェック項目!

女性特有の病気である子宮内膜症ですが、特に妊娠を望んでいる人であれば、早期の発見、治療が必要となってきます。婦人科系の病気で良く知られているものの中には子宮筋腫がありますが、子宮筋腫は自覚症状を感じにくい病気です。

それに比べて子宮内膜症では、いくつかの自覚し易い症状があります。下記のような症状について当てはまる事が多ければ、子宮内膜症を疑って、一度婦人科を受診した方が良いかも知れません。

  • ◯経血にレバー状の塊が混ざっている
  • ◯経血量が多く、ナプキンを頻繁に変える必要がある
  • ◯性交時に痛みがある
  • ◯生理痛が以前に比べて強くなってきている
  • ◯不正出血がある
  • ◯月経時以外にも下腹部痛がある
  • ◯避妊をしていないにもかかわらず、妊娠できない期間が長い

上記のような症状に思い当たるところがあれば、一度婦人科を受診した方が良いかもしれません。子宮内膜症では、剥がれ落ちた内膜がどんどん溜まることによって、嚢腫が肥大したり、その嚢腫が他臓器を圧迫することによって不快な症状が現れることがあります。

卵巣にできる子宮内膜症をチョコレート嚢胞と言いますが、これは放置しておくと卵巣ガンになることもあります。普段から上記のような症状に注意して、早期発見を心がけることが大事です。

 病院ではどんな検査や治療をする?

上記のような症状に思い当たる節があり、いざ病院に行こう!と思っても、どんな検査や治療を受けることになるのか、やはり不安になります。特に婦人科の受診となると、なかなか行きにくい、行きたくないと思ってしまうものです。

そこで、どんな検査内容なのか、少しでも知っておけば心構えができるかもしれません。主な診断方法には、問診・内診・直腸診・経膣超音波検査・血液検査(腫瘍マーカー)・MRIなどの方法がとられます。

気になるのは内診、直腸診、経膣超音波検査ではないでしょうか。

内診では器具を使って膣の中を確認し、医師が膣の中を触ることで状態を確認します。経膣超音波検査では、膣内に器具を挿入し、子宮内を映像化することで病巣の状態を確認します。

性交渉や妊娠の経験が無ければ、肛門から指を入れて病巣を探る直腸診が行われることもありますが、診断方法は医師の判断となります。

これらの検査では、どこに内膜症を患っているかによっては痛みを伴う場合もあります。しかし緊張から体に力が入ってしまうと、余計に痛みを感じてしまうことにもなりますので、なるべくリラックスした状態で受けると良いでしょう。

検査の結果、子宮内膜症と判断されれば、その程度によって治療方針が決められます。

自覚症状があまり無く、程度も軽い状態であれば、漢方薬や鎮痛剤、ホルモン剤を服用しての治療が行われます。

程度が重くなると、手術などの方法がとられます。しかし、子宮内膜症は再発することがある病気であるため、術後であっても定期的に経過観察する必要があります。

セルフチェックの結果、子宮内膜症の可能性があると判断できそうな場合は、早めに婦人科を受診し、自分のために早期発見に努めましょう。