漢方薬

女性の人生において、最大のイベントというべき妊娠や出産。妊娠すると、赤ちゃんの成長に合わせてどんどんお腹が大きくなってゆき、それに伴ってママの体も変化していきます。妊娠中は出産までに、平均して約10キロ前後の体重増加があります。

つわりが終わると食事が美味しく感じられるようになり、妊娠中期から後期にかけ食欲も旺盛になり、ついつい食べ過ぎてしまうこともあります。急な体重増加は、妊婦健診でも医師から注意されてしまう項目です。

妊娠中の過度な体重増加は、妊娠中毒症の危険性をはらんでいます。妊娠中毒症は重症になると、赤ちゃんとママ、両方の命にも危険が及ぶ可能性がある怖い病気です。

そんな危険な妊娠中毒症にかからないために、日頃から食事内容にも気をつける事が大事です。今回は、妊娠中毒症の予防に効果のある食べ物やレシピについて、まとめました。

妊活は女性だけの問題ではありません!男性の理解と協力が必要です。

妊娠中毒症とは?どんな人がかかりやすい?

妊娠中は非妊娠時に比べて、気をつけなければならないことが多くあります。その中でも、母子ともに危険な状態になってしまう可能性のある、妊娠中毒症には最大の注意が必要です。妊娠中毒症とは、現在は妊娠高血圧症候群と言われ、妊娠することによって起こる体調の不調や異常の原因の一つです。

具体的には、
妊娠20週以降から出産後12週まで血圧が高い状態が続く、または、高血圧かつ尿に蛋白が下りる、という状態です。自覚症状としては、強めの頭痛、目の前がチカチカする、ひどいむくみ、動悸、急激な体重増加などがあります。

発症する原因はよくわかっていないのが現状ですが、母体が赤ちゃんを異物として認識し攻撃するため、とも言われています。妊娠中毒症は、かかりやすい人というのがわかっています。

若齢・高齢妊婦、初産婦、肥満気味の人、多胎妊娠、高血圧症の人、遺伝(母親が妊娠高血圧症候群を患った事がある)などです。

高血圧の状態が続くと、様々な体調の異常や病気を発症するリスクが母子ともに増え、最悪の場合死に至る事もあります。

妊婦健診では毎回、血圧や尿蛋白を調べていますが、自覚症状にも気をつけて、当てはまるような事があればすぐに受診するようにしましょう。

妊娠中毒症を予防する方法や食事法

重症化すると死の危険性すらある妊娠中毒症、出来ることならばかかりたくはないものです。普段から気をつけることで予防ができるのであれば、ぜひ実践したいところ。ここでは妊娠中毒症の予防方法について、簡単に実践できそうなものをまとめてみました。

適度な運動

妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)では、急激な体重の増加が引き金になることもあります。妊娠中は少しずつ体重が増えていくのは普通ですが、1週間で0.5キロ以上増加した場合は要注意。

妊娠中の食事を抜くなどのダイエットはご法度ですが、体重が増えすぎたと感じた場合は適度な運動をする事が望ましいです。もちろん飛んだり跳ねたりの激しい運動は禁物で、ゆっくりとした散歩程度のウォーキングが良いでしょう。

食事内用の改善

塩分の高い食事を続けることは、妊娠中でなくても血圧を上昇させてしまうもの。妊娠中は特に薄味の食事にしたり、甘いものの摂りすぎに注意が必要です。

それにはやはり自炊が大事で、なるべく外食も控えた方が良いでしょう。自炊の場合も、調味料の使用を出来るだけ控えます。調味料には想像以上の塩分が含まれており、普段通りに使っていると塩分過多になってしまいます。出汁や薬味などを利用し、素材の味を活かした味付けを工夫するようにしましょう。

水分補給

むくみが気になるから水分の摂取を控えている、という人もいるかもしれませんが、それは逆効果です。水分が不足することでむくみを起こしていることもあるのです。適度な水分補給をし、体内の水分を循環させ排泄をきちんと行うことも大事です。

これらは、どれもすぐに実践できることばかりです。妊娠中毒症は原因がはっきりしていないため、確実な予防方法はないものの、少しでも妊娠中毒症に不安がある人は、上記のようなことに注意してマタニティライフを過ごしてみてはいかがでしょうか。

妊娠中におすすめの食材やレシピ

妊娠中は妊娠高血圧症候群に気をつけるため、塩分やカロリーの摂取に気をつけることが大事です。また、尿蛋白を指摘された場合には、良質なタンパク質を摂取することも必要です。以下に妊婦さんにおすすめの1日の食事例をまとめてみました。

朝食の一例

●白米:主食である白米は、太るからと言って抜くことはせず、適量を摂るようにしましょう。
●冷奴:豆腐などの大豆製品は、良質なタンパク質です。
●キノコの味噌汁:キノコには食物繊維が多く含まれており、妊娠中の便秘解消に一役かってくれます。味噌には塩分が多く含まれているため、出汁をよく取り味噌の使用量を減らします。
●ほうれん草のおひたし:ほうれん草や小松菜には葉酸が含まれており、妊娠中には重要な栄養素の一つです。
●魚のホイル焼き:魚は干物などは塩分が高いため、生の魚を調理します。味付けはレモン汁などを利用します。

昼食の一例

●トマトとツナのパスタ:パスタは茹でる時の塩分を最小限にします。ツナ缶はカロリーや塩分がカットされたものを使用。味付けには胡椒やニンニクなどを利用します。
●大根のサラダ:大根は食物繊維が豊富で、胃腸の調子を整えてくれる効果もあります。ドレッシングにも塩分は多く含まれているため、分量に注意が必要です。
●バナナヨーグルト:妊娠中はカルシウムの摂取も大事です。また、バナナにはカリウムが含まれており、カリウムには塩分の排出を促す作用があります。

夕食の一例

●玄米や白米:主食はしっかり摂りましょう。玄米は白米に比べ、食物繊維やビタミン類を多く含んでいます。
●ニラレバ炒め:妊娠中は貧血防止のため、鉄分の摂取も大事です。レバーには鉄分が多く含まれますが、苦手な人も多いはず。そんな時は、アサリや海苔などの海産物や、切り干し大根などでも摂取できます。
●胡瓜とワカメの酢の物:お酢にも塩分は含まれています。使用量は控えめにして、ゴマや生姜などで味付けします。
●卵のスープ:出汁をしっかりとって味をつけ、醤油などの調味料は少なめに。卵にはタンパク質や亜鉛などの栄養素が含まれています。
●イチゴ:デザートとして果物を適量摂るのは良いことです。イチゴには葉酸が含まれています。

基本的に一汁三菜の和食中心の食事を摂り、味付けには出汁や生姜、ニンニク、ゴマなどの薬味を利用するなど、調味料や油分の使用を出来るだけ控えます。たまに、ジャンクフードや甘いものが食べたくなる時も出てくるかもしれません。ストレス解消の意味でも少しくらいなら良いと思いますが、最小限にとどめておき、減塩の食事を心がけましょう。